検索結果

【PRS】の検索結果(27件が該当しました)

3ページ中1ページを表示123
  1. FATBANK(凍結脂肪)の実績、有用性を著した論文が、米国形成外科学会誌に掲載されました。

    今日は、SRFフェイス(+糸での引き上げ)、そしてVASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。 今日はやっと掲載されたFATBANKに関して私が著した論文の紹介です。…

    米国形成外科学会誌
  2. 女性的なウエスト~ヒップライン:ハートヒップリフト

    今日はベイザー脂肪吸引、そして凍結脂肪(SRF)による豊胸の手術でした。手術は問題無く終わっています。お疲れ様でした。 本日は先日ハートヒップリフト(ヒップの脂肪注入)術後のチェックにいらっしゃって下…

    ハートヒップリフト
  3. バッグ取り出しと同時のCRF豊胸術後チェック(術中写真あり)

    今日はバッグ取り出しと同時の脂肪豊胸(CRF豊胸)とFATBANK脂肪を利用した若返り手術でした。手術は問題無く終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。 さて本日のブログは以前福岡院で手術…

    バッグ抜去 crf豊胸
  4. 脂肪注入豊胸(乳房再建)による乳がんのリスクや、BRAVAの安全性:最新の医学論文

    脂肪注入豊胸と乳がん再発のリスクに関する検討は、これまで繰り返し行われてきました。 2010年には、G. Rigottiが脂肪注入による乳房再建の症例(1,000例)で、脂肪注入豊胸は乳癌再発に影響し…

  5. 自然で大きなバストが欲しいけど脂肪が足りない方へ:ハイブリッド豊胸という選択

    脂肪注入による豊胸の最大の魅力はその自然な触感にあります。つまり、触られても(もちろん見た目も)自然であるという事です。 最近では(私の場合)バッグは極力使わず、脂肪のみで豊胸を行います。ただ例外があ…

    ハイブリッド豊胸
  6. 脂肪注入豊胸の最新情報②~乳がん後の乳房再建で、脂肪をどう活かす?~

    乳がんは、女性のがんの罹患率としては第1位であり、ここ最近は特に関心が高まっています。 乳がんの手術治療の進歩は目覚ましく、その目的は、今やがんを治すだけにとどまりません。QOL(クオリティ・オブ・ラ…

  7. 脂肪注入トピックス:最新の文献:コラゲナーゼ(ケミカル)を使わない脂肪幹細胞:マイクロCRF

    今日は脂肪・脂肪幹細胞に関する最新のトピックスです。 脂肪幹細胞(ASCs)はその名の通り脂肪細胞に含まれます。 脂肪幹細胞を説明しだすと、恐ろしく長くなるので、皆さんの理解としては、①脂肪の卵②血流…

  8. 米国トップドクタ-の一人に選ばれたコーエン先生とのディスカッション

    今日は明日から開催される代104回美容外科学会での講演のために来日なさっていらっしゃる、コーエン先生(Steven R. Cohen, M.D.)と話す機会をもらい、脂肪吸引、脂肪注入、サーミタイトと…

    コーエン先生とのディスカッション
  9. バッグ抜去と同時のCRF豊胸:正式な論文として出版されました

    今日の手術はバッグの取出しと同時のCRF豊胸、そして脂肪によるお顔の若返り手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。 本日のブログは私の著した論文が米国形成外科雑誌『PRS-GO』の2…

    論文掲載
  10. 脂肪注入で乳がんの再発リスクは上がらない(変わらない):最新の論文

    今日はBRAVA×コンデンスリッチ豊胸そして、VASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。 さて、本日の話題は、豊胸を希望する方が興味を示すことが多い、“脂肪注入と乳…

    脂肪注入 乳がんリスク
3ページ中1ページを表示123