医師プロフィール

大橋昌敬 統括指導医

大橋昌敬 統括指導医

胸部外科学などで博士号を取得した後、高水準の医療技術を求められるカナダで、心臓外科医として活躍。帰国後は「女性に最高の美しさを提供したい」という思いから美容外科医に転身する。豊胸、脂肪吸引などでトータルボディデザインができる希少なドクター。
圧倒的な症例経験と、他院向け技術セミナーの開催をライフワークとしていることから、国内随一の技術と熱意の持ち主として知られる。また、新しい美容医療技術の探求にも熱心で、海外の最新技術を習得する努力を欠かさず、学会での発表も積極的に行なう。
気さくで柔らかい物腰が印象的で、院内スタッフから愛されている。無料メール相談、カウンセリング時の誠実な対応で、指名するゲストも多い。

経歴

  1. 1965年
    福岡県生まれ
  2. 1990年
    久留米大学医学部 卒業
    久留米大学医学部 第二外科 外科学 入局
    (胸部外科学、救急医学、麻酔全般を習得/博士号取得)
  3. 1994年
    Tronto General Hospital(Canada)
  4. 2000年
    聖心美容外科 東京院副院長 就任
  5. 2003年
    聖心美容外科 福岡院院長 就任
  6. 2009年
    THE CLINIC 福岡院院長 就任
  7. 2012年
    THE CLINIC 東京院院長 就任
  8. 2015年
    THE CLINIC 技術指導医 就任
  9. 2017年
    THE CLINIC 統括指導医 就任

資格

  • 日本美容外科学会専門医
  • 日本外科会認定医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 日本臨床抗老化医学会正会員
  • 日本形成外科学会会員
  • サーメージ認定医
  • カンタースレッズ認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER Lipo認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医
ベイザーリポ2.0認定証 大橋昌敬
ベイザーリポ2.0(VASER Lipo)は、トレーニングを経て認定されたドクターしか行えない脂肪吸引技術です。この認定証は、ベイザーリポ2.0(VASER Lipo)の提供を正式に認められているドクターの証です。
VASER 4D SCULPT(ベイザー4D彫刻)はトレーニングを受け、認可されたドクターのみが提供できる施術です。THE CLINICのドクターは、全員認可されています。

論文発表

年 代 雑誌名 タイトル
2018年 Plastic and Reconstructive Surgery GO Ultrasound Diagnosis and Treatment of Breast Lumps after Breast Augmentation with
Autologous Fat Grafting
Plastic and Reconstructive Surgery GO Serial Injections of Cryopreserved Fat at −196ºC for Tissue Rejuvenation, Scar Treatment,
and Volume Augmentation
2016年 Plastic and Reconstructive Surgery GO Our Experience with 131 Cases of Simultaneous Breast Implant Exhange with Fat(SIEF)
2015年 日本美容外科学会雑誌 Brava(External pre-expansion of the breast device)とコンデンスリッチ豊胸に併用療法に関する短期成績
2014年 日本美容外科学会雑誌 VASER(R)を用いた脂肪吸引: 日本導入から約3年, 2,000症例超の経験
2013年 日本美容外科学会雑誌 加重遠心分離した自家脂肪を用いた豊胸術(コンデンスリッチ豊胸)642例の短期成績:特に注入術後のバストサイズの変化に関して
2012年 日本美容外科学会雑誌 VASERを用いた脂肪吸引:導入から2年半, 1700症例超の経験
2011年 日本美容外科学会雑誌 LIPOMAX-SCを用い,加重遠心分離した自家脂肪を用いた軟部組織増大術(コンデンスリッチ豊胸500症例超,及び新しいフィラー:マイクロCRF60症例超の経験)

学会発表

年 代 学会名 タイトル
2018年 韓国外科学会総会 「豊胸に関して(Principle of Breast augamentation.-for your natural Breast) 」
日本美容外科学会 (JSAPS) 「培養脂肪幹細胞添加脂肪や凍結脂肪(-196℃)を使った治療(豊胸術、若返り治療、瘢痕治療など)」
日本美容外科学会総会 「S“Breast augmentation by Fat-Grafting with Cultured ASCs and Cryopreserved fat at -196℃”」
日本美容外科学会総会 「脂肪注入による豊胸~しこりにならない工夫と再生医療の応用~(培養自己脂肪幹細胞添加による脂肪豊胸:豊胸や凍結脂肪の利用)」
日本形成外科学会総会 「Serial Injections of Cryopreserved Fat at -196℃ for Tissue Rejuvenation, Scar Treatment, and Volume Augmentation」
日本形成外科学会総会 「-196℃で凍結保存した脂肪を使ったSerial Injection治療:瘢痕治療、肥沃化、瘢痕改、若返りなどへの応用」
日本形成外科学会総会 「Strategy for keeping Retention rate of Fat-Grafting with Cultured ASCs and Brava device」
日本形成外科学会総会 「脂肪豊胸における定着率向上の新たな戦略:培養脂肪幹細胞添加(セルチャー)や皮膚伸展性(ブラバ)の重要性」
2017年 日本美容外科学会 -196℃で保存した脂肪-FatBankを使った治療(若返り・瘢痕・組織増大)~SRF(Stem Cell Rich Fat:脂肪幹細胞が豊富な脂肪)の使用経験を含め~
2016年 日本美容外科学会 脂肪注入による豊胸のトレンド:しこり、脂肪壊死にならない為に~分けて注入、脂肪保存(FATBANK)という選択肢~
パンパシフィック外科協会(PPSA) Simultaneous implant exchange & fat grafting Fat Graft to treat implant complications Fat Graft for primary breast enlargment BRAVA plus fat graft in China
Fat Graft in breast reconstruction
パンパシフィック外科協会(PPSA) 日本の豊胸。過去、現在、そして未来
パンパシフィック外科協会(PPSA) バッグ取出しと同時の脂肪注入+バッグ同時挿入
2015年 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建術における自家脂肪移植の可能性 ~医療機器認証を受けたCRF(コンデンスリッチファット=加重遠心分離脂肪)移植による豊胸術の経験を生かして~
日本美容外科学会 With the Brava(external pre-expansion of the breast device )and CRF(Condensed Rich Fat) Grafting in Japan
日本美容外科学会 BRAVA(external pre-expansion of the breast device)とコンデンスリッチ豊胸の併用療法に関する短期成績