ビブラ+リゴトミー豊胸は驚くほど綺麗なバストになる。最終結果に期待大。(前回とは別のモニター様)

今日はCRF豊胸+VASER脂肪吸引+顔の糸の引き上げの手術でした。手術は問題無く終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。

本日は昨日手術した(前回ブログに引き続き)リゴトミー追加ビブラコンデンス豊胸モニター様を紹介します。

(前回と同じ手術ですが、モニター様は違う方でいらっしゃいます)

33歳、女性で、身長:156cm、体重:42.9kg、BMI:17.6 と痩せていらっしゃる方です。

通常では脂肪採取が難しいのですが、当院の場合、痩せた方も多くいらっしゃいますので、問題なく採取できました。

なお、リゴトミーは通常のCRF豊胸(又はビブラ豊胸)に加え、皮膚を伸ばすために使います。

乳頭から乳房下縁の距離が短い場合は乳房下縁の繊維性物質を針で切除し、かつ、針孔を多数加える事で面積を稼ぎます。針孔の傷は消えますのでご安心ください。(点滴の針穴が残らないのと一緒です)

勿論、脂肪注入は尖った針を使わないために(鋭針を使わず鈍針で注入)乳腺に脂肪が入ることなく、安心です。

では実際の状態をみてみましょう。

まずは術前

そして術中、脂肪注入とリゴトミー直後です。

術前との違いがはっきりしていますね。

乳房下縁のラインも術前(紫の上のライン)から術後(紫の下のライン)と位置が変化し乳房の面積が明らかに違います。

注入できた量は右252㏄、左252㏄と、術前の胸では(ビブラやリゴトミー無しでは)不可能な量が(安全な範囲で・・・しこりが出来ない範囲で・・・無理して多く注入し過ぎはしこりになります)注入できました。

モニター様も実際の自然で柔らかく大きなバストを見て大喜びでした。

今から結果が楽しみですね。