バッグ取り出しと同時のCRF豊胸:大きさはほぼ変わらず柔らかく

今日はCRF豊胸、VASERの手術でした。手術は問題なく終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。

コロナの自粛が軽減され、術後経過のチェックが元通りにできるようになってきました。

本日は34歳女性、16年前にシリコンバッグを挿入なさったモニター様の経過報告です。

最近バッグが固くなり異物感が顕著になったため当院での手術を希望なさいました。

まずは術前の写真

正面から見て決しておかしくありませんが、触ると固いのが嫌との事でした。

そして術中、片方のみのバッグを抜去した状態です。

このフラットなバストに脂肪を注入していくことになります。(バッグが入っていたスペースに注入すると脂肪は全滅:脂肪壊死=しこり又は吸収:ですので、バッグの層以外、それも乳腺を傷つけずに注入します)

そして術後2か月です。

正直術前に比べて違和感はないですよね。もちろん柔らかく、温かい胸です。

ご本人は”異物が無くなってホッとしました。これで妊活も安心してできます”と笑顔で答えて下さいました。

早くかわいいお子様が出来るといいですね。

今日も手術なさってくださった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。