やせ型:セルチャー×CRF豊胸術後6ヶ月:平坦なバストが大きく、そして脂肪採取部位も綺麗に

今日はセルチャー豊胸採取、CRFフェイス(若返り)の手術でした。手術は問題なく終わっています。

本日はセルチャー(培養脂肪幹細胞添加)併用CRF豊胸術後6か月のモニター様の紹介です。

36歳の女性のモニター様です。痩せていて脂肪豊胸は無理かも?と思ってご来院なさいました。身長は160cm、47.3kg、BMIは18.4とかなり痩せていらっしゃいます。

まずは術前写真:ほぼ平坦なバストです。痩せていらっしゃいますし、皮膚の伸びも悪いバストです。ーーーこういったタイプの方は正直、脂肪豊胸で大きくなりにくいのですが今ではセルチャーといった最新技術で、しこりを作らず安定した豊胸が出来るようになりました。

術後6か月:術前に比すとずいぶん大きなバストに変身です。(私的にはもう少し大きくなると予測していました)

触診ではもちろん、術後のエコーでもしこりはありませんでした。

術前の採取部位のデザイン:何とか太ももの張り出しと内側、そしてあまり多くは無いですが腰から採取しました。(太もも前は2回目の可能性を残すため、わざと吸引していません)

そして術後です。

術前よりもクビレができて脚の付け根の太さがなくなっていますね。

下写真は術後の採取部位の大腿と腰の状態です。ウエストのクビレが術前より出来て足のラインもきれいですね。もちろん凸凹や臀部の下垂はありません。

ご本人は、“エコーでしこりもなくホッとしました。大きさにも満足しています。そして、ウエストも細くなって、細いパンツも足のラインが綺麗になり、スキニーパンツもはけるようになりました。今後大腿前が少し脂肪が残っているのでこれを使って2回目が出来たらいいと思っています。”と笑顔で答えてくださいました。

ご希望はそこまで大きくなくて良いから安全にしこりなく手術をしたかったとの事でしたが、術直後の最も大きい時期に比べると欲が出たとの事。もっと大きなバストに憧れていらっしゃるようでした。もちろん希望でしたら、私も(痩せていらっしゃいますが)頑張って脂肪を採取します。

今では今日紹介のモニター様のように、痩せていて脂肪豊胸は無理と思っていらっしゃる方でも術前より採取部位はきれいに、そしてもちろんバストを大きくすることができます。

気軽にご相談ください。

今日も手術を受けてくださった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。