漏斗胸で凹んだバストをコンデンスビブラ豊胸で綺麗なバストへ

NEW

今日はコンデンスビブラ豊胸、VASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題無く終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。

本日は今日のモニター様、23歳の漏斗胸の方を紹介します。身長162㎝、体重50㎏、BMI 19、乳頭から乳房下縁まで右4㎝、左4.5cmで短く、皮膚が伸びないタイプのバストです。

胸郭の凹み(漏斗胸)と痩せによるフラットなバストが長年のコンプレックすという事で、(皮膚の伸びが悪い方に特に有用な)コンデンスビブラ豊胸を希望なさいました。

ビブラとは皮膚拡張器で、医学的に術前に皮膚を拡張したほうが脂肪の定着が良くなることが証明されています。

まずは術前(ビブラ着用前)です。

そして本日の術前(術前3週間3時間、ご自宅でビブラの機械を使って皮膚拡張をしてもらいました)

ビブラを外してしばらくすると大きさは減りますが皮膚の伸展は残っています。これを利用して脂肪注入することで脂肪の定着が良くなります。また、ビブラの影響で軽い色素沈着(まだ紫斑)がありますが、これは術後ビブラをつけなくなると消えます。

そして本日の術中

 

術後約2時間、リカバリー室での写真です。

まだ術直後で痛々しいですが、凹みが無く、デコルテもきれいです。大きさも術前に比し十分大きくなっていますね。ビブラ着用したので片方250㏄のCRFを余裕で注入可能でした。この皮膚の余裕から、定着が高いことが期待できます。

今後大きさは多少小さくなりますが、結果は十分に満足してくれると思います。

ご本人は”初めて柔らかいバストに触れました。これが自分のバストなんて信じられません”と喜んでいらっしゃいました。仕上がりが楽しみですね。

今日も手術をなさって下さった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。