片側漏斗胸:ビブラ併用CRF豊胸で改善 術後6か月

今日はCRF豊胸、そして脂肪注入と糸による若返り手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

さて本日紹介するのはコンデンスビブラ豊胸術後術後6か月のモニター様42歳の方です。

ビブラ豊胸とは皮膚の拡張器を術前から用い脂肪注入するスペースを確保して注入する方法です。

脂肪は狭い場所に詰め込むと酸素、栄養が足りずに脂肪がしこりになったり定着せず吸収されてしまします。

よってこのビブラによる皮膚の拡張により脂肪注入可能な量も増えかつ、血流も良くなり、定着率、定着量ともに増やすことができます。

今回のモニター様は身長164㎝m体重47㎏、BMI値 17.5とやせ型であると共に、右の胸郭(肋骨の形)が少し漏斗胸気味で、右胸がとても小さく見えてしまっています。

まずは術前の写真

 

そして術後6か月です。

凄くないですか?

もちろん左右差は減っていますし、柔らかい自然なバストです。

しこりもありません。

ご本人も

”左右差が強く、コンプレックスだったばすとが、今は自慢です”と笑顔で答えてくださいました。

私もとてもうれしく思います。ありがとうございます。

今日も手術をなさってくださった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。