フラットなバストが1回でボリュームのあるバストに:アンダーブーブ豊胸

今日はCRF豊胸、そしてVASER脂肪吸引の施術でした。手術は問題なく終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。

さて今日は一昨日に行ったモニター様の紹介です。(前回のブログとは別の方です)

36歳女性、159㎝、 42.5kg 、BMI:16.5 の超やせ型の女性です。今までバストが大きくなった事が無く、自然で綺麗なバストに憧れていたという事でした。

手術は糸を使って下乳を形成する新施術・アンダーブーブ豊胸を行いました。

今回はビブラ(乳房拡張機器)を併用し、注入脂肪はコンデンスリッチファットに培養幹細胞を添加しています。

まずは術前、

言い方は悪いですが、フラットなバストで乳房の下縁が何処かもはっきりしません。

そして術直後 リカバリールームにての撮影

未だ術直後ですので多少の内出血と、糸(下縁形成)の針孔が多少目立ちますが、これらは後に消えてしまいます。

この豊かな形のバストは今まで数回の施術で皮膚が伸びてやっとできるものでしたが、新施術のアンダーブーブ豊胸を行ったことで、一回でこのラインが作れるようになりました。

この糸を使った乳房下縁形成(アンダーブーブ豊胸)はイタリアのVisconti 先生が開発したもので、今現在行っているのは、世界中で見ても、イタリアのVisconti 先生と私のみのようです。

この施術は今まで不可能だった(もしくは切る大掛かりな)手術を、糸の追加のみで可能にする画期的なもので、私が最近、最も関心を抱いている手術の一つです。

 

ご本人も”生まれて初めて胸のふくらみ、谷間、揺れを経験して感動です。”と少し涙目で喜んでいただきました。

ご本人もですが、私も今後の経過について、期待でいっぱいです。

今日も手術なさってくださった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。

 

※新施術・アンダーブーブ豊胸についての詳細はこちら
アンダーブーブ豊胸(下乳形成豊胸)