今にも皮膚を突き破りそうなバッグを摘出して脂肪注入:自然なバストへ

今日はバッグ取り出し手術、そしてVASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題無く終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。

本日は先日行った59歳のモニター様

今にも皮膚を突き破りそうなバッグの摘出と同時の脂肪注入の手術の紹介です。

約20年前他院にて生理食塩水バッグを挿入。硬さはもともとあったものの、最近形が崩れ、胸を押すと痛い感じが気になり他院を受診。某大学病院の検査でバッグの破損が認めたれたとの事。

バッグの抜去と当日の脂肪による乳房再建を希望なさり手術に至りました。

まずは術中のバッグ抜去前の写真です。

赤矢印の皮膚がバッグから押されているのが分かります。

そして無事バッグを取り出し、脂肪注入後の状態(術後すぐ)が下です。

その自然な柔らかいバストに感激なさっていらっしゃいました。

実は摘出したバッグは生理食塩水バッグではなく、CMCバッグでした。

CMCバッグはトラブルが多く、今では使用されないバッグです。

その事実(自分の認識との違い)を知り、“生理食塩水と言われたのに・・・。取り出して良かったです。こんなに自然なバストになって嬉しくてたまりません”と笑顔で答えてくださいました。

今日も手術をして下さった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。