今日は美容外科学会:豊胸のシンポジウムでの発表でした

今日は日本美容外科学会(ANAインターコンチネンタル東京で開催)発表してきました。

発表内容は 豊胸のシンポジウム

“脂肪注入による豊胸術 私のこだわり:注入手技と脂肪幹細胞濃度:特に培養脂肪幹細胞添加豊胸(Cellture豊胸)に関して”

実際の内容は脂肪注入のポイント

1:採取、2:注入手技、3:加工方法(CRFセルチャー)、4:レシピエント(受ける方の乳房)の状態

全てに関して話してきましたが、手術の手技に関すること(多層にまんべんなく注入:2.4ミリヌードルインジェクション)と脂肪幹細胞濃度(セルチャー)、そして術前の皮膚拡張の有効性について、特に詳しく話してきました。

シンポジウムでは演者の皆さんと、定着を高めるためのこだわりに関し、有意義なディスカッションが行えました。

座長を務めてくださった鎌倉先生、酒井先生ありがとうございました。

今日も手術を受けに来てくださっている皆様、手術に関わってくれている全スタッフ、そして学会に関わってくれたすべての方々に感謝です!