CRF豊胸と同時に以前の乳がん術後の凹みを改善

今日はCRF豊胸、そしてVASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れさまでした。

今日は本日の手術の紹介です。
モニター様は48歳で以前に左の乳がんで部分切除をなさっています。幸いその後の再発は無く、傷もきれいでいらっしゃいます。
今回は豊胸と同時にせっかくならば昔の乳がんの傷の凹みも治したいということで今日の手術となりました。

とても痩せていらっしゃるため脂肪採取に難渋しましたが、無事CRFは十分に採取でき、十分量を注入できました。
乳がん術後傷の窪みは瘢痕となっていたため、リゴトミー(瘢痕除去)と局所的な脂肪注入も追加しています。

まずは術前

乳がん術後の傷跡はかなりきれいに縫合されており、傷跡はきれいですが、くぼみが目立ちます。

マーキングです。

採取部位のマーキング(デザイン)とても痩せていらっしゃるのがわかりますね。

術直後 バストが大きくなっているのはもちろんですが、乳がん術後の凹みが改善していますね。針穴がたくさんついていますが、ご心配なさらないでください。医学的に話すと2Dリゴトミーを行い皮膚を少し伸ばしています。傷跡はきれいに消えます。

術後の仕上がりが楽しみですね。

今日も手術を受けてくださった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。

CRF豊胸(コンデンスリッチ豊胸)の詳細は
THE CLINIC公式サイト・コンデンスリッチ豊胸のページをご覧ください。