シリコンバッグ外来

今日はCRF豊胸の手術、そしてVASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題なく終わっています。

さて、本日は昨日に続き、バッグ取り出しと同時のCRF豊胸の話題です。

この手術はバッグの位置(乳腺下か大胸筋下か)、
皮膚の厚さ(皮膚からバッグの距離)、
石灰化の有無など、
術前にエコーでしっかり情報を得て、最適な手術をする必要があります。

下は2016年の私の論文:
Our Experience with 131 Cases of Simultaneous
Breast Implant Exhange with Fat (SIEF). Plast Reconstr Surg GO 2016;4:e691より引用

詳しい医学的な説明は割愛しますが、下の図は、その方のバッグがどこにある場合、どこに注入可能かというイラストです。
バッグ抜去 CRF豊胸 症例数

バッグ抜去 CRF豊胸 症例数

先日の学会で統計を取っていましたので、
今日はこの
“バッグ取り出しと同時のCRF豊胸の代表的な合併症である脂肪壊死(炎症を伴う)”
の成績を皆さんにお伝えします。

下がそのデータです。(先日の学会ACKSS 2018の実際は発表したスライドの一部)

簡単に説明すると2010年から1018年9月末までのデータで
合計980例 (現在でほぼ1000例、今年は現在で110例以上)
重大な合併症無し。
炎症を伴う脂肪壊死は2012年以降ほぼゼロというもうのです。
バッグ抜去 CRF豊胸 症例数

今年も(今現在まで)そういった合併症ゼロですので、
比較的に難しい症例も多くある中でのこの成績は、相当良好な結果だと考えます。
おそらく日本一(もしくは世界一)好成績ではないかと思います。
・・・少なくとも今までに日本語、英語で書かれた医学論文を見る限りでは、
最も多い症例数と少ない合併症の成績です。

下写真(31歳女性以前のモニター様:前回の学会で紹介)のように
完全に変形したバッグも取り出して柔らかく自然にします。
もちろん確実掲載した石灰化の強い方も行います。

それら全ての手術を含めての合併症ですから、
上記の成績は自慢ができる成績だと考えています。

もちろん極々まれではありますが合併症の可能性はあります。
そういった場合でもリカバリーしますのでご安心ください。
バッグ抜去 CRF豊胸 症例数

手術はしっぱなしではいけません。
きちんとフォローして、それを見届けるまでが治療だと考えています。

今日も手術なさって下さった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。