今日は他院太ももの脂肪吸引後の凸凹修正手術、そしてFatBank注入の手術でした。手術は問題なく終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。

さて、本日は今日のモニター様(31歳女性)2年ほど前に太ももの脂肪吸引して、取り過ぎによるタルミと癒着、凸凹が気になって、当院での修正を希望なさいました。

下は他院術後の状態です。凸凹がひどく、多くの場所に皮膚と筋肉が癒着して肌質も異常です。

水着にもなれないし、お風呂にも行けないと嘆いていらっしゃいました。

脂肪注入やリゴトミー(癒着剥離)マーキングも一緒に載せています。

脂肪採取は、逆に他院での脂肪吸引後、取り残しの背中と腰です。

手術は問題なく終わって、取り残しの背中や腰はすっきりしましたし、凸凹や癒着もかなり改善しています。

下が術直後の写真です。

まだ針穴が痛々しいですが凸凹はほぼ解消されています。

(針穴だけで注入していますので切開した傷はありませんし。傷跡も残らないはずです)

 

これでずいぶんストレスが解消されると思います。

術後の状態を見たご本人は“ 今までの窪みが無い!術前はそげていたのに!嬉しいです!”と安心していらっしゃいました。

脂肪の性質上、一回で注入してしまうと、しこりや幹線といった合併症が起きますので、本日修正につかった脂肪の残りはFATBANK(-196℃)で保存して後日使用します。

早く楽しく海やお風呂に行けるようになってほしいものです。

今日も手術をなさって下さった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。