今日はCRFフェイス(3Dセルリフト)+マイクロCRF(余った脂肪はFATBANK)、そしてVASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

本日は先日、形成外科学会総会で発表したFatBank、SRFフェイスの一部を紹介します。

学会発表の内容は、脂肪注入(または脂肪吸引)後、余った脂肪をFatBank(-196℃)で凍結して、半永久的に保存。凍結することで若返りや他の場所への注入が何度でも可能、という内容です。

ではその学会のスライドの一部を紹介します。

下は組織増。簡単にいうと、このFatBankで保存した脂肪は使えるということです。

実例、顔の場合の一例

保存脂肪を他の場所に使った例(残った脂肪で手の若返り)

学会発表の結論は

1、-196℃で凍結保存した脂肪の複数回使用にて合併症はなかった。

よってこの方法は、安全に複数回の治療が可能だと考えたれた。

2、脂肪を凍結することで、1回の脂肪採取で複数回の治療が行えることになる。

このことは脂肪採取に関わる患者へのストレスの軽減    ②余った脂肪の再利用

といった点でメリットになると考えられた。

3、凍結解凍いう過程は、脂肪幹細胞の濃縮法の一つだと考えられた。

というものです。

せっかく採取した脂肪。捨てるのはもったいないですよね。

今日も手術をなさって下さった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。