今日はFatBank脂肪注入により若返り(立体を若々しく+肌質アップ)、そしてFatBankの採取手術+CRFフェイスの手術でした。手術は問題無く終わっています。お疲れ様でした。

FatBankとは採取した脂肪または余った脂肪を-196℃で保存して、時間が経った後も使えるようにしたものです。

脂肪注入の問題点は、①注入した脂肪はが全部生き残るのではなく、5~8割程度であること。(それ以上注入するとしこりになる)

②脂肪を集めるには脂肪採取(吸引)が必要不可欠であることです。

そこで我々は、一度に脂肪吸引を終え(要らない場所:例えば太ももや下腹部)から脂肪を採取して、当日にはCRFとして使用した後、残った脂肪はFatBank(‐196℃にて凍結。その脂肪を小分け(約4㏄ずつに分け保存)しています。

よって、初回の場所と(例えば初回が顔であっても)違った場所にも注入可能です。

例えば手の若返り(ハンドリバイブ)に用いる方も多いです。

下はその保存脂肪(SRF)を使った手の若返りの例です。

まずは術前

ハンドリバイブ

手の血管が浮き彫りになって、ゴツゴツした手で老けて見えますね。

そして下が術後です。

ハンドリバイブ

術後は手の甲の血管の浮き出方が減り、肌質もきれいになりました。

今のFatBank技術(=脂肪、そして脂肪幹細胞を長期的に残せる)って素晴らしいですね!!

今日も手術なさって下さった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。