今日はベイザー脂肪吸引、そしてCRF豊胸+CRFフェイスの手術でした。手術は問題無く終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。

今日はベイザー4Dのカウンセリングもあり、一昨日4D上腕の手術がありましたので、そのお話をします。

まずは、立体を、脂肪吸引でどうやって作れるのかの種明かしをします。

従来の脂肪吸引(約7割取れる)より進化したベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)は、より多くの脂肪(皮下脂肪の約8~9割)を安全に取ることができます。ただ、これでは腹筋の陰影(シックスパック)はできません。

ここでより高度な技術を用い、腹直筋の縦のライン(白線)と横のライン(筋束)上の脂肪をほとんど(ほぼ100%)取り去ります。すると、立体ができます。これがシックスパックです。

これに外腹斜筋や前鋸筋の陰影の部分を付けたし、今では筋肉の動き(Dynamic)まで考慮してデザインし陰影を付けます。

よって、3D(立体)+Dynamic=4Dと呼ばれています。

これらを正確に作るには、正確な解剖学の理解が必要です。

私が医学部の学生だった頃、解剖学は全ての基本だと教えられました。外科に入局した時も同じことも言われました。

そういう目で見て見ましょう。

やはり解剖学に沿ったデザインが不可欠です。

デザイン例

腹部

vaser4d

二の腕

vaser4d

そして実際の結果です。

まずは腹部のシックスパック

vaser4d

vaser4d

 

上腕はこんな感じです。

vaser4D

やっぱり術後の方が魅力的ですよね。

実は私自身も4D手術を受けていますので、その効果を実感しています。

また、4D手術をなさる方の方が、通常のベイザー脂肪吸引をなさる方より、術後自分の体に興味を持つため、リバウンドもしにくく、ずっとカッコいい姿でいらっしゃるケースが圧倒的に多い傾向にあります。

興味がある方は是非一度気軽にカウンセリングにいらっしゃって下さい。

僕のお腹(シックスパック)もお見せします(笑)!!

今日も手術をなさって下さった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。