今日は脂肪注入によるお顔の若返り(CRFフェイス)、そしてVASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題なく終わっています。仕上がりを楽しみにしていてください。

さて、今日は顔のアンチエイジングに脂肪を使うメリットに関してお話しします。

採取脂肪の利用方法は大まかに分けると①ボリューム改善②肌質改善 になります。

①ボリューム改善・・・例えば額を丸く、頬のコケ、頬の高さ、そして豊胸、豊尻などです。・・・CRFを使用

②肌質改善・・・小じわ、きめの細かさ、色素沈着の改善、傷跡修正などです。・・・マイクロCRFを使用

ただ、①②用途の違いで、脂肪の作り方が変わります。

①のボリューム目的の場合は、元気な脂肪細胞と脂肪幹細胞の両方とも必要なためCRFを作ります。

②の肌質改善の場合(逆にボリュームにしたくない場所)は脂肪幹細胞がメインのマイクロCRFを作成します。

よって、お顔の若返りの場合、両方の脂肪を使い分けます。例えば、若い時の立体に戻すためにはCRFを、目の下の小じわを改善する際にはマイクロCRFを用います。

最近の場合、これらの脂肪と、糸での引き上げを併用し、また、脂肪を凍結(FatBank)して再度注入してさらに効果を高めること(SRF注入)もしばしばです。

さて、最近の症例を見て見ましょう

まずはCRF+SRF+糸での引き上げを行ったモニターゲスト。

術後の顔がこの若々しい状態です。

術前は下の通り、顔のボリュームが足りないのと、皮膚のたるみで全体的に下がっていました。

この方の途中経過が下の写真

そして、最近の笑顔です。

皆様が、このような笑顔になってくれる事が、私の仕事の最大のやりがいです。

今日も手術を受けて下さった方々、そして、手術に関わってくれたスタッフに感謝です。