今日はBRAVA併用CRF豊胸、そしてCRF豊胸手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

最近BRAVAを題材にしてのブログが多いですが、理由は一つ。結果が確実に良いからです。

特にAAカップやAカップの方、皮膚の伸びが悪い方には特におすすめです。(例えば授乳中にも大きくならなかった方、B~Cカップあるのに、乳房の下の皮膚の伸びが悪く形が悪い方)

BRAVAの有効性は欧米を中心に(最も有名なのがマイアミブレストセンターのクーリー教授)形成外科医が誰もが認める方法ですが、正直、日本ではメジャーではありません。

最大の理由は、乳癌術後の乳房再建率が日本が低く、欧米が高いからです。

さて、BRAVAって何?という方も多いでしょうから分かりやすい動画を紹介します。

簡単に言うと乳房に陰圧をかけて、皮膚と皮下組織=脂肪を伸ばす器具です。

開発当初はBRAVAのみ(脂肪注入無し)で豊胸を考えていたらしいのですが、結果は最悪で、脂肪注入を併用する事で、その極めて大きな効果が認められています。

当院でのデータも

brava+脂肪注入豊胸

(大橋の美容外科学会スライドから)

医学的(統計学的有意)にBRAVA併用の方が結果が効果が高いです。

特に乳頭から乳房下縁までの距離が5センチ以下の方にはさらなる有意差があります。

理由は皮膚伸展が良くなることで注入可能な脂肪量が増える事、術後の着用により血流がアップして脂肪の定着率が高くなることです。

もちろん注入する脂肪の質(CRFが良い、セルチャーだとさらに良い)や注入技術(直径約2ミリで注入、皮下、乳腺下、大胸筋肉内及び筋肉下に分散注入)が高い事が良い結果を生み出す基本です。

今日のデザインは(BRAVA着用2週間後、CRF豊胸術前)は下の画像です。

brava併用crf豊胸

バストはBRAVAでかなり大きくなっていますが、これはただの浮腫みです。今日は片胸に約230㏄注入でき(BRAVA併用でなければ200以下・・・入れ過ぎは、しこりの原因)ました。なお、軽度の漏斗胸があった為、それも同時に治療しています。

結果が楽しみですね。

今日も手術なさって下さった方々、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。