今日はCRF豊胸(バッグ取り出し後)、そして他院術後下垂したヒップの修正手術でした。手術は問題なく終わっています。

上記豊胸のゲスト様(38歳女性;モニター様でないので写真は控えさせていただきます)は約10年前のシリコンバッグが硬くなり、触られるとバレルという理由から、まずバッグのみを希望なさいました。(初めは同時のCRF勧めましたが、まずはどうしても抜去のみしたいとの事でした)

当院でシリコンバッグを取り出し、手術は全く問題無かったのですが、ご自身のバストのの喪失感から、抜去後たった2週間で脂肪注入を希望なさいました。

よほどのショックだったのでしょうね。

術前の胸は見た目は綺麗な胸ですが、触ると固いシリコにが触れます。下は先日取り出したバッグです。

バッグは両側とも170㏄、コヒーシブシリコン、ラウンドタイプ、テキスチャード(ザラザラ)でした。

本日のCRF豊胸の脂肪採取は太腿と腰で太ももの張りだしと腰のクビレを作って脂肪を採取しました。

注入した脂肪量は片側CRFを235㏄でした。取り出したバッグよりも多くの脂肪が注入でき、特に気になさってあったデコルテ部分には大胸筋内、大胸筋下にも注入しています。

仕上がり直後の状態を診て、ご本人は、その大きさと自然さにホッとしていらっしゃいました。

以下は私が手術したバッグ取り出し及び脂肪による豊胸です。ご参考になってください。

い今日も手術なさって下さった方々、そして手述に関わってくれたスタッフに感謝です。