今日は105回日本美容外科学会初日。脂肪注入による若返り、そして凍結脂肪の安全性に関して発表してきました。

数枚のスライドを紹介しますね。

日本美容外科学会初日

まずは脂肪の基礎知識

脂肪にはボリューム増加の役割と肥沃化(肌質改善)効果があります。

日本美容外科学会初日

そして若返りのコンセプトは:立体を若い時の戻す+肌質改善です日本美容外科学会初日

脂肪の性質上、半永久的な効果がありますが、ボリュームは一度に全部定着しませんし(無理するとしこりになります)、加齢はしますので、後に注入したくなります。

そこで役に立ちのが脂肪の保存=SRF(脂肪幹細胞密度を高くした脂肪の凍結保存)です。

日本美容外科学会初日

素晴らしいことに、当院で凍結脂肪=SRFを使ったゲスト(2017年4月までに219例)に、しこりや感染などの合併症はありません。

そして症例です。(沢山紹介しましたが一例です)

日本美容外科学会初日

58歳のゲストですが、立体も若々しくなりましたし、肌質もツルツルですね。

学会発表の結論は

①-196℃で凍結保存した脂肪の複数回使用にて合併症はなかった。

よってSRFは安全に複数回の治療が可能だと考えたれた。

②SRFを用いることで、1回の脂肪採取で複数回の治療が行えることになる。

このことは①脂肪採取に関わるストレスの軽減②余った脂肪の再利用

といった点で顔の若返りに関し、メリットになると考えられた。

③SRFはそれ自体で脂肪幹細胞の濃縮効果があり、若返りにはとても有効であると考えられた。

としました。

今日も当院で手術を受けてくださった方々、学会に協力いただいた方々、そしてスタッフに感謝です。