「バックエイジング」

聞き慣れない言葉かと思いますが、アメリカでは「アンチエイジング」ではなく「バックエイジング」という概念が流行っているようです。

老化予防のアンチエイジングではなく、年齢の巻き戻しであるバックエイジングは、本当の意味での「若返り」が可能です。

百聞は一見に如かず。これがバックエイジングです。(上:術前、下:術直後)

ステムセルリフト

 

46歳、もともととてもお綺麗な方なのですが、年齢を重ねるにつれてこめかみや頬のボリュームが落ちてしまい、疲れた印象を与えてしまっています。

術後はとても40代のスッピンには見えません。

手術の直後の写真で少し腫れが出ていますが、既に優しく柔らかい印象になっていますね。

 

ステムセルリッチファット注入は、メスを入れたり顔のパーツの形を変えたりという、いわゆる整形手術とは異なり、

若いときにそこにあったはずの脂肪(ボリューム)をもともとあった場所に補充し、脂肪由来幹細胞がコラーゲンの増生と、周囲の血流UPを促すことで、自分の若かったころの顔に戻すことができる。という考え方です。

注入に使用するSRF(ステムセルリッチファット)は、一般的な脂肪注入の3倍、脂肪幹細胞注入(CAL)法と 比較しても2倍の脂肪由来幹細胞が含まれています。

術後1か月~3か月で、腫れが引くともう少しボリュームが欲しくなったり、微調整が必要になったりするので、あと2回分の脂肪を確保してあります。

術直後からとても喜んでくださいましたが、これからもっと肌にハリも出てきて、若い頃の自分に戻ったと実感できると思います。

まだ新しい治療ですが、この施術を受けられた方は皆さんとても喜んでくださるので、2回目・3回目と注入を重ねる事でもっと喜んでいただけるのではないかと今から楽しみです。

◎ステムセルリフトの詳細はこちら『ステムセルリフトサイト』をご覧ください。