今日はベイザー脂肪吸引、そしてコンデンスリッチ豊胸のセミナーでした。

参加してくださった先生方は

湘南藤沢徳洲会病院 形成外科 徳田 真紀子先生

共立美容外科 新宿院 望 香奈先生

ガーデンクリニック 加藤 雄大先生

やべ形成外科クリニック 矢部 哲司先生

やまかわクリニック 山川 謙輔先生

国際福祉大学三田病院 移植外科 久都内 慶子先生

(順不同)

でした。

セミナーの内容は、どう採取してどのように注入すれば、しこりにならないか?定着を良くすることができるか? という内容です。

具体的に言うと、モニター様は腹部と太ももから脂肪を採取し、CRF豊胸を行いました。

①採取 (Harvesting)

②脂肪の処理 (Preparation)

③注入方法・技術 (Injection Technique)

④レシピエント側の状態 (State of recipient’s site)

を医学的根拠と、実際の手術で説明させていただきました。

いくら機械や脂肪の素材が良くても、注入技術が悪ければ、しこりになりますし、全く生き残りません。

よって、脂肪を注入する技術(できるだけ細く、注入可能な全層:皮下、乳腺下、筋内、筋下:にまんべんなく注入=2.4ミリヌードルインジェクション)が最も大切な事、脂肪採取のデザインと具体的な技術をメインにお話ししました。

質問も活発で、たくさんのディスカッションができ、楽しく、有意義なセミナーでした。

今日もモニターとして手術をお受けになって下さった方、セミナーに参加していただいた先生方、そして手術やセミナー開催に関わって下さったメンバー全員に感謝です。

VASER脂肪吸引手技の解説中

crf豊胸 セミナー

脂肪注入による豊胸手技の解説中

crf豊胸 セミナー

医学的な事実に基づいた、座学(スライドによる説明)

crf豊胸 セミナー