シリコンバッグ外来

今日はコンデンスリッチ豊胸、そしてベイザーリポの手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

当院はお陰様で、コンデンスリッチ豊胸、バッグ取り出しと同時のコンデンスリッチ豊胸共に、日本一の症例を行っています。

その豊富な経験から、全国から患者様が来院なさいます。よって、難しいケースも多々出てきます。

今回は38歳の女性で、他院でバッグの入れ替えを繰り返し(右胸3回、左2回)の受けた末、やはり硬さ、不自然さが気になり当院を受診なさった方の紹介です。

最終的に術前は

右:大胸筋下295㏄のザラザラタイプのシリコン

左:大胸筋下300㏄のツルツルタイプのシリコン

が入っていました。

どうしても胸のボリュームは落としたくなく、かつ柔らかな胸を希望なさっており、十分なカウンセリング後に、バッグの入れ替え(左右とも約300ccから160㏄)+同時のコンデンスリッチ豊胸を行いました。

そして術後の自然な胸がこれです。

大きさもキープされ自然で柔らかいバストですね。

術前の実際の状態:バッグのサイズや、挿入部位、皮膚の状態やバッグの状態(=皮膚からバッグまでの距離)等を診察とエコー(超音波)検査で正確に判断して手術の方針を決定しないと、悲惨な結果も起り得ます。

今後も、一人一人の患者さんにとって、ベストの手術方法を患者様と話し合って(=カウンセリングというより作戦会議に近いかもしれません)最高の結果を導き出したいと思います。

なお、この方は、FAT BANK(脂肪を活性化が高い状態で冷凍保存)で初回手術で残った脂肪を保存していらっしゃいます。近日中にそのFAT BANKを用いてもっと胸を大きくする予定です。(また後日に報告しますね。)

今日も手術をなさって下さった方々、手術に関わってくれたスタッフに感謝です。