ベイザーリポ

今日は他院修正:腰と背中のVASER+豊尻(ヒップアップ)、そしてVASERの手術でした。手術は問題なく終わっています。

本日、女性化乳房の術後1週間の状態を紹介します。

28歳男性で、胸の大きさが気になり来院、エコー(超音波)検査で乳腺は発達しておらず、脂肪での女性化乳房と診断し、6日前にVASER脂肪吸引で治療しました。

エコー検査で乳腺は発達していませんでしたが、脂肪は繊維化が強く、ダイエットでも乳房だけは大きいという状態と一致している画像です。

今回は、乳腺切除をせず(乳腺が2センチを超えると乳腺を除去が好ましい・・当院では大きくない場合、乳頭下の数ミリの切開のみ=乳輪した半月状に切開せず除去)VASER脂肪吸引にPowerXの力を借りて吸引除去しました。

【PowerXに関しては、2014年7月9日のブログ『女性化乳房:ベイザーとパワーX、乳腺切除の併用治療』を参照ください。】

まずは術前マーキング後の写真です。

女性化乳房

そして術中、片方のみをVASER+PowerXで吸引した画像です。繊維化が強い脂肪(男性乳房、男女含め:背中や二の腕付け根~肩等)はこのPowerXで、VASER単独よりもしっかり吸引できます。

女性化乳房

明らかに吸引後の向かって左(ご本人の右胸)の脂肪がしっかり取れていますね。

そしてこれがPowerXです。

女性化乳房

術後6日目の状態です。

女性化乳房

横から見てもフラットですね。多少の内出血のあと(黄色っぽい)があるものの、これはあと1週間もすれば消えるでしょう。これで、素肌にTシャツも似合うでしょう。楽しみですね。

今日も手術をなさって下さった方、手術に関わってくれたスタッフに感謝です。

 

◎女性化乳房については、『ザクリニックのコラム』でも、様々な情報をご紹介しています。