シリコンバッグ外来

今日はバッグ取出しと同時のCRF豊胸、そしてCRF豊胸でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

本日は前回のブログの続きの脂肪採取(デザイン)編です。

脂肪を使った豊胸の基礎ともいえる、脂肪吸引(採取)のデザインに関してお話します。

いくら胸が大きくなっても、しこりになっては残念ですし、脂肪吸引(採取)部位が凸凹になったり、弛んだり、お尻が垂れてしまっては、豊胸は失敗と言って良いでしょう。そこで大切なのは吸引の技術、そして、その方にとっての正確なデザインです。では実際にそのデザインを見てみましょう。

手術を受ける方は皆さん、体のラインが違いますから、手術を受ける方にとって、最も最適なデザインは絶対に必要です。このモニター様も、術後、脚のラインも綺麗になって、要らない腰の肉も無くなり、とても喜んでいらっしゃいました。(もちろんバストも硬い胸から自然で柔らかい胸になり、とても満足なさっていらっしゃいました。)

写真でもお見せしますね。

術前の状態

バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

そして術後3ヶ月の状態です。腰はもう少し、引き締まる予定です。

バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

そして肝心の胸、術前

バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

そして下が術後です。自然な胸になってますね。

バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

実は今日も外来で、豊胸術後他院修正(他院脂肪吸引後のデコボコ)の方が相談にいらっしゃいました。そういった事にならない様、しっかりしたデザイン、そして吸引の技術が必要です。

今日も手術をなさって下さった方、そして、手術に関わってくれたスタッフに感謝です。