マイクロCRF

今日は脂肪による若返り=3Dセルリフト(頬の高さ)+マイクロCRF(目の下のクマ)+額CRF注入の手術、そしてCRF豊胸の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

本日の動画は最近老けて見られると仰る、47歳女性(他院目の下たるみ取り後)、術前、術中、術直後の動画です。ではどうぞ。

どうでしたか?術直後から嬉しそうでしたね。

さて、作った脂肪が余った場合はどうするの?と思いませんか。(特に痩せている方の場合、脂肪採取を何度も出来ないので、切実な疑問でしょう。)

通常は、ほとんどの場合捨てることになります。(入れ過ぎはしこりや脂肪壊死になるので、出来た分入れようと言う考えは絶対ダメです)

当院の様な専門施設では-80℃の凍結保存が可能でしたが、保存できる期限は半年と限られたものでした。

しかしその時代は終わり、脂肪を良い状態のまま、ずっと保存できる技術が開発されたのです。

それが、先日も紹介したFATBANKです。

内容は、言葉の通り、脂肪の銀行=脂肪を永久的に取っておけるのです。それも、脂肪採取した日の年齢で・・・。

そう。-196℃という特殊環境の場合、採取脂肪は年取をとらない状態で保存が可能なのです。画期的ですね。つまり再注入する際は、その今の自分より若い時の脂肪を注入可能なわけです。【http://www.theclinic.jp/feature/fatbank.php

現在、このサービスを提供できるのは脂肪専門のクリニックであるTHE CLINICだけ。

この機会に、今気になる場所があれば、ぜひ気軽にカウンセリングにいらっしゃって下さい。

要らない脂肪を使って若返り。そして残った脂肪は永遠に年をとらない状態で保存。今最もホットな脂肪の使い方です。

今日も手術して下さった方、手術に関わってくれたスタッフに感謝です。