コンデンスリッチ豊胸

今日はBRAVA×CRF豊胸、VASER脂肪吸引の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

最近時間があるときはBRAVA併用のコンデンスリッチ豊胸の論文を書いています。

せっかくですからその一部を紹介します。

まずはブラバとは?から説明しましょう。

brava併用crf豊胸

上図の様に外から陰圧をかけ皮膚を伸ばす装置です。

開発当初はBRAVAだけでの豊胸を考えていたみたいでしたが、実際は全敗でした。そして脂肪注入とコンビを組んだら、とても相性が良く、皮膚の伸展が悪いタイプの胸(授乳なしで胸のボリュームが無い日本人はその代表)には今では第一の選択です。

脂肪は周りからエネルギー(酸素)をもらって生き残りますので、ぎゅうぎゅう詰めにしてしまうと、多く生き残るどころか逆に定着は減り、しこりの原因となってしまいます。

イメージ的には下の図のような感じです。

brava併用crf豊胸

つまり、部屋を広くすると、脂肪が活き活きと定着するわけです。

では実際の症例を見てみましょう。左からブラバ前、ブラバ後術前、術後3ヶ月です。

brava併用crf豊胸

確実に大きくなってますね。ブラバ直後より脂肪注入後3ヶ月(もちろんブラバは中止)の方が大きいです。

さてデータ解析の一つです。

brava併用crf豊胸

難しく書いてありますが、簡単に解説すると、ブラバを付けた方が定着が良かったという事です。

こんなことを計算するのも、実際の手術と同様、私の仕事の一つです。

少しでも良い方法を知り、考え、実際に行い、確実な結果を出す。そして解析し証明する。正しい事を正確に伝える(私のブログもそうですが、学会発表や学術論文がその代表)のが、私の使命だと思っています。

今日も手術なさって下さった方、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。