シリコンバッグ外来

今日はバッグ取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸、そしてベイザー脂肪吸引の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

今回のブログは、先日のオンコプラスティック学会で発表したスライドの一部を紹介します。

今回利用したソフトはベクトラといった機械で、乳房の術前後のボリュームが実際に出せるといったソフトを用いました。これを使うと、3D解析ですのでより科学的な解析ができます。

このスライドのモニター様は、31歳で以前シリコンバッグを挿入していらっしゃいました。術中脇から取り出したバッグはR:225ml、L:200ml   そしてCRF注入がR:227ml、L:212mlでした。

下の図、データが術前のベクトラ解析です。シリコンバッグでデコルテ部分が不自然な盛り上がりなのが分かります。

そして術前のボリュームは◆右胸:210cc◆左胸:239ccでした。

バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

そして下が術後のベクトラ解析です。より自然な胸の形です。

そしてボリューム解析は◆右胸:242cc◆左胸:292cc でした。

バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

 

つまり、術前→術後で

◆右胸:210cc→242cc
◆左胸:239cc→292cc

何と、術前より(バッグを取り出したにもかかわらず)”術後大きくなっている” という結果が得られました。

こういった、科学的で正確な解析をして、自然さ、大きさを証明していきたいと思います。

今日も手術なさって下さった方、手術に関わってくれたスタッフに感謝です。