今日は福岡院で他院の糸での引き上げの修正手術、そしてベイザーリポの手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

他院修正で最も多いのは脂肪吸引後になります。豊胸やお顔への注入のための脂肪採取の場所が凸凹になっているケースも多く見かけます。せっかく胸が大きくなったり顔が若々しくなっても、しこりが出来たり、脂肪採取(吸引)部位が凸凹だったら、悲しいですよね。手術を受けて積極的になれるはずが、逆に、外に出たく無くなってしまう方も多いようです。

そういった背景の中で、今日は他院の修正手術の動画を紹介します。

他院で吸引後、凸凹になった場所を要らない脂肪を使って修正、そして新しい綺麗なラインを作る、という手術です。

早速みて下さい。

いかがでしたか?

確かに凸凹が無くなり、要らないウエストを吸引してカッコイイ腹部のラインになっていますね。

モニターの方からも本当に喜んでもらえました。こういった仕事ができて、嬉しく思います。

今日も手術をなさって下さった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。

 

◎脂肪吸引で失敗してしまった、とお悩みの方は、中居先生が脂肪吸引失敗について解説するホームページ『脂肪吸引失敗SOS』も併せてご覧ください。

ベイザーリポ

今日はサーミタイトによる頬の弛みに対しての引き締め(引き上げ)、バッグ取り出しと同時のCRF豊胸でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

さて本日は3ヵ月のチェックにいらっしゃったモニター様の紹介です。

この方は30代男性で、高度の女性化乳房でした。

手術はVASERでの脂肪吸引+乳腺切除(最小の傷から)に加え、サーミタイトも同時に行いました。

今回サーミタイトを同時に行った理由は(写真からもわかる通り)術前からのたるみが強く、この状態から脂肪や乳腺を(女性化乳房の手術として)除去すれば、明らかに皮膚の余りが出ると考えたからです。

ご存知の様にVASERは脂肪吸引の中ではたるみが最も少ない(同じVASERでも”スーパーフィッシャルリポサクション”と呼ばれる技術が必要)方法ですが、それでも限界があります。よって、同時にサーミタイトで引き締めをしました。

術前の写真が下です。

女性化乳房 VASER+サーミタイト+乳腺切除

そして下が術後1か月、です。ボリュームはしっかり落ちてますが皮膚がずいぶん残っています。

女性化乳房 VASER+サーミタイト+乳腺切除

 

そして下が術後3ヵ月です。

サーミタイトの威力で皮膚がしっかり収縮してくれています。

女性化乳房 VASER+サーミタイト+乳腺切除

 

ほら、スッキリでしょ!!

まだ多少のたるみ感はありますが、術前の状態、術後1ヵ月目の状態とは大違いです。

サーミタイトの効果は術後3ヵ月目くらいからハッキリしだして、6ヵ月後くらいまで引き締まり続けます。(その後効果は持続します)

6ヵ月目のチェックが楽しみです。

今日も手術なさってくださった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。

 

◎女性化乳房について詳しく知りたい方は公式ホームページ『女性化乳房専門センター』をご覧ください。