シリコンバッグ外来

今日は福岡でバッグ取り出しと同時のCRF豊胸、そしてベイザー脂肪吸引の手術でした。手術は全く問題なく終わっています。お疲れ様でした。

今日の手術の方は、バッグが皮膚を下から押して皮膚が炎症を起こす寸前でした(エコーで確認すると皮膚の下1.9ミリには、もうバッグが押し寄せてました)。取り出したバッグには亀裂があり、折れ曲がったバッグが皮膚を押していた、また、そこには小さな亀裂も生じていたと考えらえました。この動画は近いうちにお見せできると思います。

本日紹介する動画は、完全にバッグが破れて(昔のバッグでジェル状のバッグ、バッグの膜もかなり薄いもの)、バッグが自分のカプセル内でくしゃくしゃになり、ジェル状のシリコンが完全にカプセル内に流出していたモニター様の手術です。

手術では、この破れたバッグとどろどろのジェルを完全に取り除き、洗い流し、キレイにしたうえで、同時のコンデンスリッチ豊胸を行いました。

さていかがでしたか?

幸い自分の被膜(カプセル)はまだ破れていなかったので、このジェルが体内には流出していませんでしたが、もし何らかの衝撃で破れることを想像すると、ゾッとします。(間違いなく炎症が起こると考えます)。もし被膜(カプセル)が破れた場合、ジェルを完全に取り出すこともかなり困難でしょう。おそらく乳房下を大きく切る必要があったのではないかと考えます。今回は、まだ流出前でしたので、昔の傷と同じ脇からの手術で済みました。本当に良かったです。

最近はバッグの破損によるトラブルを理由に摘出、摘出しただけではえぐれた胸になるため、同時のCRF豊胸をお受けになる方がとても多いです。

もし自分のバッグに異変を感じたら、きちんとした施設でエコー検査をすることをお勧めします。もちろん当院でもバッグのエコー診断を行っていますので、気軽にいらっしゃってください。

今日も手術をなさってくださった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。