ベイザーリポ

今日はCRF豊胸、そしてCRF豊胸+サーミタイト(二の腕の弛み改善)の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

今日も脂肪注入の手術でしたが、脂肪注入の為の脂肪採取は”デメリットではなくメリット”にするのが私の仕事の一つです。

脂肪注入するのですから、脂肪採取(吸引)は絶対に必要です。

その脂肪採取がメリットになるのかデメリットになるのかは術者の技量(スキル)次第です。

例えばビキニ姿になりたくて、自然な脂肪注入による豊胸を選んだのに、採取部位(例えば太腿)が凸凹や弛みになっては、ビキニ姿が楽しめないだけでなく、悔しさしか残らないでしょう。いったい自分は何をしているの?と、自己嫌悪に陥るのみでしょう。

逆に“胸を大きくしたいだけだったのに、脚も細くなって、スタイルが良くなったわ”と思える手術に出会えばハッピーに違いありません。

今日はそういった例の一つで、元々豊胸目的でいらっしゃったモニターの方ですが、子供のころから太ももに段差があるとの事でした。スタイルが良くなるは(私たちにとっては)普通の事ですが、子供のころからストレスに感じていた場所が改善され、豊胸もできるなら、それに越したことはありませんね。

では動画をどうぞ

いかがでしたか?

脂肪採取というデメリットをメリットに変える一例の紹介でした。

今日も手術して下さった方、そして、手術に携わった全てのスタッフに感謝です。

 

◎余計な脂肪を除去できて、胸もふんわり仕上がるコンデンスリッチ豊胸について、

こちらのコラム『一度で二度おいしい! 脂肪注入豊胸の魅力と注意点

で紹介しています。ぜひご覧下さいね!