シリコンバッグ外来

今日はバッグ取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸。そしてベイザーリポの手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

バッグ取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸も、当院では日常的に行なう人気の手術になってきました。

ただ、先日外来で、他院にて“バッグ取出しと同時の脂肪注入”をなさったゲストが今の状態が普通か見てほしいとカウンセリングにいらっしゃいました。

残念な状態で、カプセルの周りに注入してある脂肪が広範囲に脂肪壊死をおこし、ドーム状に硬くなっていました。ご本人曰く、バッグの方が軟らかかったそうです。もちろん、その方にとってベストの治療・・・脂肪壊死したドーム状のしこり除去後、CRF豊胸・・・を提案しましたが。この方の場合、しこり除去を行う事で皮下組織が薄っぺらになるので、脂肪がどのくらい注入可能か分からない。通常の半分以下が安全だと正直にお答えしました。

やはり、注入技術は大切です。いくら良い脂肪を使っても、万遍なく入れる注入技術が無いと脂肪壊死になってしまいます。

では今日は気を取り直して、当院のモニターの方の症例です。

下が、左のバッグのみ取り出した状態です。抜いたほうの胸は凹んでおり、右のバッグは大きな塊に見えます。

シリコンバッグ コンデンスリッチ豊胸

下の画像が、取り出したバッグです。両側とも脇から、破らず完全な形で取り出しています。

 

シリコンバッグ コンデンスリッチ豊胸

 

下が術直後の状態です。自然に仕上がっています。

シリコンバッグ コンデンスリッチ豊胸

これから、柔らかく自然な胸に感激していただけると思います。

脂肪注入の技術、しっかり身に着けたいものです。もし、本日ブログに記載した他院術後の方が手術を希望なさっても、最善の努力をして、可能な限り、自然な胸にしたいと思い、今作戦を練っています。

今日も手術して下さった方、そして手術に携わった全てのスタッフに感謝です。

◎バッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸の症例について、こちらのコラム

バッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸165例の結果報告』で紹介しています。

ぜひ、ご覧下さいね!