今日は、Steven R. Cohen先生を招いてのサーミタイト(肌の引き締め)のセミナーでした。

thermi

頬~あご下、二の腕、目の下、眉間のしわ等を実際行いました。

サーミタイトとはRF(高周波の熱)のエネルギーを表皮側でなく、皮下組織側から渡し、

今までの引き締め機械(代表がサーマクール)より確実な効果が得られるものです。

効果はじんわりと3か月くらいして出てくるものなのですが、確実な効果が得られます。

 

私も約3か月前にサーミタイトを受けていますし、今効果が目に見えて分かりだしたところです。

今は当院のメインメニューの一つになりつつあります。ベイザーリポとのコンビネーションも頻繁に行います。

今日は経験豊富なCohen先生と、沢山の話ができました。リスク回避、効果の向上、ダウンタイムの短縮などいろんな議論が行えました。

また、今日の施術の内の一人は私の親族でした。

以前私が外科になった時から、思っている事ですが、患者様に自分の施術を自信を持って提供できるか否かの見分けは、自分の親族に対して自信を持って手術が出来るか否かだと思っています。

つまりは、自分の子供や親、兄弟を、他のドクターに頼むのではなく、自分一人(もしくは自分と自分の後輩)で執刀できるかどうかだと考えています。

そういった意味でも、脂肪吸引や脂肪注入に加え、サーミタイトも完全に自信を持って提供できる手術になりました。(もちろん二重やフェイスリフトなどもです)

今日も手術をしてくれたゲスト、そしてスタッフに感謝です。