ベイザーリポ

今日は他院バッグ取出しと同時の脂肪注入、そしてベイザーリポの手術でした。

手術は問題なく終わっています。お疲れ様です。

今日のバッグ取り出しの方は高度石灰化したシリコンバッグが乳腺下に(ボールの様に)ありました。

何とご本人の申告です。(クリニックから説明の大胸筋下の生理食塩水バッグと全く異なっていました・・・よって術前エコーは必須です)。

強い石灰化を可能な限り被膜から除去し皮下、乳腺下(カプセル上)、大胸筋内や大胸筋下(カプセル下)に挿入しました。

ボールのような胸が、とても自然な胸に仕上がっています。ご本人も術後すぐに触って、とても喜んでいらっしゃいました。

片方のバック除去の状態は静止画がありましたので、本日載せます。

実際の術前術後は、動画までお待ちください。右胸は抜去後、えぐれた感じになってるのが分かるかと思います。左はバッグの形が外からでも分かります。

ヒアルロン酸豊胸 バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

当院では他院バッグ取り出し、ヒアルロン酸や他院脂肪注入後のしこりの除去がとても増えています。

もちろんそのままでは胸がペチャンコ(特にバッグはえぐれた感じ)になってしまいますので、耐えられない方がほとんどのようです。

そこで私の場合、バッグ抜去の場合は当日。ヒアルロン酸のしこりの場合はヒアルロニダーゼが消えるまでの数日間おき、施術をすることが多いです。

もちろん、大きさ、形でケースバイケース。当日に行う場合もあります。

他院の脂肪注入後のしこり除去の場合は、大きさや状態、炎症の有無で当日するか別日かを決めます。もちろんエコーで見て、最適な判断をしますので、気になる方は気軽にいらっしゃってください。

今日の動画は他院のヒアルロン酸除去後のコンデンスリッチ豊胸です。

エコーで大きなヒアルロン酸の位置を確認除去、

また除去後の空洞の層には脂肪注入を避け(中に入ると前回のブログの様にしこりになります)丁寧に細かく、良い脂肪(CRF)を注入しています。

◎CRFと他の脂肪との比較は以前のブログ

CRFのコンセプト…体積あたり良い脂肪がいっぱい』をご参照ください。

除去も注入も、丁寧に手術すれば、いくら慣れていても多少時間はかかりますが、

それを面倒がらず、安全な麻酔で確実な手術をする事。これが、患者様にとって、とても大切な事だと考えてます。

今日も手術をなさって下さった方、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。

 

◎バッグ抜去からコンデンスリッチ豊胸の手順を、

こちらのコラム『バッグ抜去→脂肪注入する理想的な手順』で紹介しています。

ぜひ、ご覧くださいね。