シリコンバッグ外来

今日はバッグ抜去同時の脂肪注入による豊胸、そしてベイザーリポの手術でした。

昨日のセミナーでもお話しした事ですが、バッグの取出しにはかなりコツが必要です。

最も大切なのは①バッグ取出しの際に周りを大きく剥離しないこと。

理由はスペースを新たに作って、そこに脂肪が流入する可能性があります。

②皮膜とバッグの癒着を十分に剥離した後にバッグを抜去する事。

理由はバッグとの癒着があればバッグ摘出の際、一部皮膜が破れ(付いてきて、せっかくカプセルが流れ込みの防止をしていたのに(シェルターの役割)それを広範囲で破けば脂肪がカプセルのスペース内に流入し易くなります。つまり、しこりの可能性が出て来るという事です。

では同時でなかったらどうでしょう?

5年前ならまだそういった考えもあったでしょうが、今私の場合、ほとんどの場合同時に脂肪注入を行います。その、最大の理由は、そのスペースは塞がるかどうかが分からないという事。つまり、次回注入するときはブラインド(盲目的)での手術になるため、もし、スペース内に入っても処置できないことになります。(同時の場合は、万が一入った場合洗い流します)

これに関しては、是非下記ブログも参照下さい。

バッグが入っていたスペースはふさがらない! 動画で証明

BRAVA×CRF豊胸:驚くべきエコー画像

 

コンデンスリッチ豊胸 バッグ抜去

今日のモニター様の写真を紹介します。

術前です。ポッコリとしたバッグが入っているのがわかります。触るとボールのように硬いです。

コンデンスリッチ豊胸 バッグ抜去

術中です。

向かって右(左胸)のバッグ抜去が終わったところです。

長期間バッグで圧排されていたため組織が薄くなっていますので、取り出すと”えぐれた”感じになります。大胸筋は上に圧排されて見えます。

コンデンスリッチ豊胸 バッグ抜去

両側バッグ抜去したところです。

コンデンスリッチ豊胸 バッグ抜去

術直後です。CRF豊胸を行い自然な胸になっています。

なお、注入脂肪は、胸のように限られたスペースに注入する場合、

単位体積当たり脂肪細胞数が他の方法(たとえばピュアグラフト等)より確実に高い、

CRF(コンデンスリッチファット)を用いることが大切になってきます。またこれに関しては今後のブログでお話しします。

今日も手術を受けてくださった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。