シリコンバッグ外来

今日は福岡院で、他院の目の下のたるみ取り手術修正+3Dセルリフト+額CRF注入。そして、目の下の切らないたるみ取り(経結膜的下眼窩脂肪除去)手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

今日は他院でバッグ抜去した後に、当院でのコンデンスリッチ豊胸を希望する方がご来院なさいました。

こういった場合は以前バッグが入っていた層が、塞がっているかどうか不明なため、コンデンスリッチファット注入時に注意を要します。もしその抜去したスペース(塞がっていない)に脂肪を注入すると、全く血流がないため必ず脂肪壊死し、大きなしこりができてしまうなど、悪い結果になってしまうからです。

以前は“バッグを抜いたスペースは数ヶ月で塞がるので、その後に注入しましょう”と、おそらくほとんどのドクターが口をそろえて言っていました。(今もそう思い込んでいる先生は多いと思います)ただ、実際は違います。そのスペースが塞がっているかどうかは、全くわかりません。

私たちは、数多くのバッグ取り出しと同時のコンデンスリッチ豊胸を行います。そうすると(ごくまれですが)高度石灰化で乳輪下から乳腺下バッグを取り出すケースもあり、さらに以前に大胸筋下のバッグ挿入の既往がある患者様の手術を経験しています。

その際、被膜の下=大胸筋内、大胸筋下にも注入をするわけですが、術中に注入のカニューレ(注入管)が完全にスカスカのスペースに入ったことを直視下に確認できました。つまり、今回でなく以前のバッグのスペースがまだ塞がっていないことの証明が、確実に得られたわけです。

今では多くの豊胸の既往を持つゲストが、柔らかな胸を求めて脂肪注入による豊胸(CRF豊胸)にいらっしゃいます。今日はその一例のモニター様の動画です。

(他院でバッグ挿入⇒他院で抜去⇒他院でヒアルロン酸注入⇒しこり⇒当院でヒアルロン溶解⇒今回、当院でコンデンスリッチ豊胸のモニター様です)

手術中にたまたま、空いたスペースが見つかったため、ほんの少しの時間(その証明の)動画を撮らせていただきました。

今では、当院で数か月に一度開催している『ベイザー及びCRFのハンズオンセミナー』内で、このスペースの話を必ず行います。理由は多くの方(ドクター)が、この『以前バッグが入っていたスペースはやがて塞がる』という間違って教えられた知識を、今でも信じていらっしゃるからです。

私も昔はその間違いを信じていました。 しかし、多くの経験を積んでくると、それだけ変わった(まれな)ケースを経験し、学びます。

今回の”塞がらないスペース”の話もそうですが、こういった事実を少しでも多くのドクターに知っていただき、今後のより良い治療に役立てていただければ幸いだと考えています。

今日も手術を受けてくださった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。