シリコンバッグ外来

今日は他院胸ヒアルロン酸溶解+バッグ除去、そしてベイザーリポの手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

さて今日は前回の続き、パート3です。

パート1、2の復習からです。49歳女性、約20年前にシリコンバッグを挿入。典型的な高度石灰化を伴ったカプセル拘縮した方です。

手術はバッグを乳房下縁から取り出し(詳しくは前回のブログ参照)、石灰化のみ除去し薄くなったカプセルはわざと残し、CRFを丁寧に皮下、乳腺下=皮膜上、大胸筋内、大胸筋下に分散させて注入しました。

では引き続き、術後の写真も含んだ動画をどうぞ。

 

 

 

動画の内容は、カプセルの剥離に関してなど、医学的になってしまいましたが、術前のいびつな状態から、1ヵ月後、そして6ヵ月後と、自然な胸になっている。

また、決して大きなサイズダウンはしていないことは、皆さんにもすぐに分かったのではないでしょうか。

術後6ヵ月後、施術されたご本人は、私が驚くくらいに明るく元気になっていらっしゃいましたし、私が恥ずかしくなるくらいに、手術の結果を褒めて頂きました。

まだ、多少の傷は残っていますが、この傷がもっと薄く目立たなくなります。きっと、その頃には笑顔になる回数が、今よりもっと増えているでしょうね。そういった方が一人でも増える事が、私の生きがいの大部分を占めます。

今日も手術をなさって下さった方、手術に携わってくれたスタッフに感謝です。