シリコンバッグ外来

今日は福岡院で他院バッグ取り出し後のコンデンスリッチ豊胸、そしてベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

今まで何回かブログにも書いていますが、バッグ取り出しと同時の豊胸はとても理想的です。理由はバッグのスペースがふさがるかどうかは誰にも分からないからです。

実は今日手術の方は他院でバッグを取り出していらっしゃいました、しかし、胸がぺちゃんこになってつらいという事で、当院にいらっしゃった方です。術前のエコーではスペースは確認できなかったので、術中判断でスペースがふさがっていたらその層にも注入しますというお話をしていました。

手術中にバッグが入っていたスペースから皮膚まで何ミリあるか見るために以前のバッグの層を確認すると、直径約7センチのスペースが空いていました。万が一この層に脂肪が入ってしまったら、全てしこりになってしまいます(被膜内のスペースには血流が無いためです)。もちろんその層を避けて注入し、無事手術は終わりました・・・・。ただこれはいわゆる暗闇の手術(術野を見ないで手探りでする手術)ですので、スペースに入っていない自信はありますが、本当に入っていないかは不確実です。

つまり、可能であれば①最も皮膚の伸展が良い事②バッグの入っていたスペースに誤って注入することを確実に防げる事③万が一注入しても、洗い出せる事などから言っても、当日の手術が有利です。

正直、バッグ取り出しと同時のコンデンスリッチ豊胸は簡単な手術ではありませんし、多少手術時間も伸びてしまいます。(バッグを取り出す必要がありますし、傷もきれいに縫い直す必要があるため)よって、麻酔管理もしっかり行う必要があるなど、手術手技はもちろん手術以外でも、そのスキル・経験が大切になってきます。

ただ、無理と言い切ってしまうと前には進みませんので、どうしたら、患者様が最も安全に良い手術をお受けになれるかを常に考えながら、手術を行っています。

さて、今日は実際バッグ取り出しと同時にコンデンスリッチ豊胸をした方の動画です。バッグは術前のエコーで破れていました。

では動画をどうぞ。

いかがでしたか?破れていたバッグはもちろん。内容物(シリコン)も十分に洗浄し、完全にシリコンが残っていない事を確認して、被膜内以外に万遍なく注入しました。術後の経過は次回のブログに載せます。楽しみにしていてください。

今日も手術をなさってくださった方、手術にかかわってくれたスタッフに感謝です。