コンデンスリッチ豊胸

今日はブラバ(BRAVA)併用のコンデンスリッチ豊胸、そして一般のコンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

(実は十数年前からある装置ですが)BRAVAという言葉を初めて聞いたという方は多いのではないでしょうか?

ブラバとは陰圧をかけて胸を浮腫ませて大きくする装置です。

brava_001

BRAVA×コンデンスリッチ豊胸

実は私もずいぶん前に(脂肪注入との組み合わせでなく単独で)使っていた事があります。

ただ、このブラバだけでは正直ほとんど大きくなりませんでした。一時的に大きくなっても数時間で元に戻ってしまうのです。また、毎日必ず長時間(10時間以上)の着用で、胸の色素沈着が起きた方も多かったのを覚えています。

しかし、このブラバで皮膚を伸ばした後に脂肪注入するととても良い結果が得られる事が分かってきました。(特に皮膚が伸びないタイプの方により良い結果が得られます)

ブラバ併用の脂肪注入はの報告は約二年前で、PRS(形成外科雑誌)に掲載されました。私自身興味を持っていましたが、今年のPRSのトピックスとしてRoger K.Khouri、Tomas Biggsらの共著

“Megavolume Autologous Fat Transfer: Part I.Practice and Techniques”

“Megavolume Autologous Fat Transfer: Part II.Practice and Techniques”

が発表され、私は仰天しました。

多施設合同の結果ですが、何と1000人を超す、BRAVA併用脂肪注入の素晴らしい結果だったのです。その他にも脂肪注入は細かいほうが良い、単に多く入れ過ぎは良くない等、勉強になる事ばかり記載してあります。

上記論文と同様、私たちがすすめているのは術前2週間、術後もできれば2週間ですが、実際着用するとなるとストレスもかかるでしょう。ただ、ブラバを併用して、上手に注入すれば、必ずより良い結果が得られると考えます。

実は今当院のスタッフの一人ももBRAVAを付けています。明後日CRF手術予定です。

こういった確実に良いと考えられる新しい(もちろん安全な)をより早く皆様に提供できるように、今後も勉強していきたいと思います。

今日も手術なさって下さった方、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。