マイクロCRF

今日は福岡院ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)、そしてコンデンスリッチ豊胸、マイクロCRF注入の手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

今日は目の上の窪みの治療に関してです。

目の上のくぼみの原因は、
①眼窩隔膜前 and/or 眼窩隔膜下脂肪の減少
②眼瞼拳筋腱膜のたるみ(これが前面の眼窩脂肪を伴って眼窩内に引き込まれる)
です。

治療法としては、
①脂肪(やヒアルロン酸など)の注入
②眼瞼拳筋腱膜の前転固定術
が基本手術となります。②は二重手術に準ずる方法で行います。(埋没や切開)

今日紹介する方は②を希望なさらず、まずは窪みを脂肪注入で治したいという事で行いました。

以前の方法は、脂肪を塊で持ってきて縫い付ける方法(もちろん凸凹が目立つ)や、単なる脂肪注入がメインでしたが、私たちの場合、マイクロCRFを注入して治します。

マイクロCRFは簡単に言うと、不要な場所から採取した脂肪から良い脂肪だけを集め、さらに細かくしたものです。よって定着もよく、なめらかで凸凹にもなりません(注:技術にもよります)。

医学的に説明すると、直径が細かい脂肪細胞と脂肪幹細胞(ADSC/SVF)、そして細胞外マトリックス(自分のコラーゲンや、ヒアルロン酸、、成長因子を含む)から成り立ちます。・・・話が難しくなってきましたね。興味がある方は下記サイトで分かりやすく説明してますのでご参考にしてください。

http://www.micro-crf.com/

では実際の動画をどうぞ。

いかがでしたか?

以前はデコボコになったり、ヒアルロン酸などすぐに吸収されたりで、改善しにくかった治療の一つですが、今ではストレスなく治療可能になりました。嬉しい限りです。動画のご本人もとても喜んでいらっしゃいました。

今日も手術なさってくださった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。