ベイザーリポ

きょうは他院修正を含めた脂肪吸引、そしてバッグ取り出しと同時のコンデンスリッチ豊胸でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

最近は他院修正の手術を依頼されることが(残念ではありますが)多くなっています。バッグ取り出し(と同時のコンデンスリッチ豊胸)やしこり除去、脂肪吸引後の凸凹修正がその代表です。

正直、修正手術は初回手術より困難ですし、場合によっては術前の状態まで復元(もしくはきれいな状態)するのが困難な場合も多々あります。

最も困難な状態は、脂肪吸引の取り過ぎによる皮膚と筋膜の癒着です。この取り過ぎ、”絶対にはやっていけない”事の一つです。
4Dデザインで、一部(たとえば腹直筋のラインをわざと付けるなど)限られた面積(というよりは線)の皮下脂肪をゼロにすることは可能ですし、限られた範囲を(上手に行えば)問題も起きませんが、広範囲にやってしまうと、二度と元に戻らない、悲惨な状態の肌質になってしまいます。

そういった方も当院外来に修正希望にいらっしゃいますので、何とか別部位から脂肪を採取して、CRF(コンデンスリッチファット)やマイクロCRFといった、より良い脂肪にして注入します。ただ正直、一回できれいにするのとは(残念ながら多少)肌質が違ってしまいます。(もちろん、お金も時間も無駄になってしまいます)
だからこそ、1回できれいに仕上げることがとても重要なのです。

では今日は他院修正の脂肪吸引の動画を見て下さい。

いかがでしたか?

まだ今回の動画のように取り残しが多い場合は何とかなりますが、取り過ぎだけは避けたいものです。

今日も手術をなさってくださった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。