今日はベイザー4D(シックスパック)の手術、そして3Dセルリフト+マイクロCRFの手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

今日の3Dセルリフト(お顔を若々しく見せる施術)の方はとても痩せられており、コンデンスリッチファット(CRF)やマイクロCRFの作成に必要な脂肪の採取は、一般的な脂肪吸引では凸凹になりそうでした。そこで、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)を併用して脂肪採取しました。おかげで、凸凹やたるみなく綺麗に脂肪採取できました。

お顔もそうですが体、特に胸(豊胸)やお尻に注入する際、また、他院の脂肪吸引後のデコボコ修正をするためには脂肪吸引(採取)が必要です。しかし、実はお顔のコケやくぼみの改善、豊胸、豊尻をする方で、脂肪をどこからかき集めようと悩むことはあります。

まだ、お顔の若返り(3DセルリフトやマイクロCRF)の場合、採取量は大したことがありませので、(今日のような特別な方を除き)簡単に脂肪採取ができますが、豊胸や豊尻などは比較的多くの脂肪が必要です。また、他院の修正の場合、すでに脂肪が取られ過ぎて(それも主要な場所の広範囲)凸凹になってる事も多く、これらの場合も脂肪採取に難渋するケースが出てきます。

そこでベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)の登場です。

ご存知の様に、ベイザーリポは通常の脂肪吸引より安全に多くの脂肪を採取できますし、皮膚の収縮力も高く、仕上がりも綺麗です(もちろん技術で大きな差が出ます)。

よって、当院の場合、多くの脂肪を取る際や脂肪が取れにくい方には、全例ベイザーリポを用いて脂肪を採取しています。

従来の超音波脂肪吸引で脂肪を採取すると壊れてしまっていたので、脂肪の採取には適さないと考えられていました。しかし、第3世代の超音波脂肪吸引、つまりベイザーリポがその常識を変えたのです。

①VASERは熱を発しにくい
②マイクロキャビテーションによって脂肪を分離する(壊さない)ため、脂肪細胞のダメージなく採取しやすい
③従来の様に組織から脂肪をそぎ落とし壊しながらの吸引(採取でなく)低い陰圧で吸引できる事

これらの事より、ベイザーリポでの採取脂肪は再利用(注入)可能になったのです。実際、

MendietaやHoyosらはlipo-sculptureを行う際の豊胸や豊尻用の脂肪採取にベイザーリポを用い、良好な結果を得ていますし、さらに、Penettaらは2009年にベイザーで採取した脂肪から採取した脂肪幹細胞と従来法で採取した脂肪から作成した脂肪幹細胞の活性化は影響しないと報告しています。
その他、ValeroはVALでは病理上、脂肪細胞膜が壊れていない組織像を示し、さらにFisherらは2010年のAmerican Society of Plastic Surgeons Annual Meetingでもベイザーリポで採取した脂肪注入の良好な成績を示しています。

これらの文献や結果を得て、当院では上記の様にベイザーリポを用いて脂肪を採取しています。

この事によって、若返ったり豊胸したりして綺麗になりたいのに、痩せていて脂肪が集まらないという理由で手術できないことがほとんど無くなりました。

本当に新しい技術の開発には感謝したいものです。

今日も手術を受けてくださった方、手術に携わってくれた全てのスタッフに感謝です。