ベイザーリポ

今日は他院の脂肪吸引後の修正手術、そしてバッグ取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

本日行なった脂肪吸引の修正手術の内容は、脂肪の取られ過ぎによる凹みでした。修正の為、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)を用いて癒着剥離とならしを行い、健全な脂肪であるコンデンスリッチファット(CRF)注入を行いました。

通常の取りむらなら、上手くベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)でシフティング(ならす)してあげれば、ほとんど修正可能なのですが、今日の方の場合、皮膚が広範囲で筋膜に癒着しており、凸凹になっていました。もちろん血行も悪く、色調も正常とは違います。・・・原因は皮下脂肪の取りすぎです。

こういった場合の修正手術は正直困難になります。

おそらく術者の方も悪気で行ってはいないはずです。ただ、脂肪を多く取れば喜ばれるといった(単純な)考えから、こういった凸凹やたるみを代表とする、残念な結果になったのでしょう。実は、外来(カウンセリング)をしていると、こういった重度の癒着修正を希望なさって来院する方も多いです。

脂肪吸引後の凸凹修正手術は

①皮下脂肪が十分残っている場合………ならすだけで良い場合が多い           =ベイザーリポ

②皮下との癒着が無い場合で、皮下脂肪が少ない場合……注入だけで良い場合が多い=CRF(やマイクロCRF)

③皮下との癒着ある場合…………癒着剥離+注入両方とも必要な場合が多い        =ベイザーリポ+CRF(やマイクロCRF)

といった方針になります。

③に関しては癒着剥離の程度が重要で、剥がし過ぎてスペースになると(血流が悪く)注入脂肪が壊死(生き残らない)したり、炎症、感染を起こしたりする可能性も高くなりますので、その”あんばい”が大切になってきます。

ましてや、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)やコンデンスリッチファット(CRF)がなかった時代は、無理やり力ずくで剥がすしか無かったですし、注入するにもCRFの様な良い脂肪はありませんでしたので、大変苦労して修正手術していたことを今も覚えています。

こういった文明の利器や優れた技術が開発され、より優れた修正ができる様になったことは嬉しい限りですが、やはり完全には改善できない場合も残念ながらあります。取りすぎだけは避けたいものですね。

 

今日も手術をしてくださった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。