シリコンバッグ外来

今日はシリコンバッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸、そして通常のコンデンスリッチ豊胸の手術を行ないました。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

シリコンバッグ(乳房インプラント)は大きさを出すためにはとても優れた素材ですが、やはり触感と自然さという点では、豊胸前の胸の感触、そしてご想像なさっている感触とは大きく違うようです。

今日の患者様は左右の胸郭(肋骨)の高さが大きく違い、片方(右)だけ漏斗胸の様な凹んだタイプの胸の方でした。数年前にシリコンバッグ(アナトミカル型)を挿入なさったのですが、その硬さ、不自然さの改善のためにご来院、本日バッグの取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸を行いました。

漏斗胸にも程度の差があり、心臓や肺を圧迫する重度のものから、健康には全く問題なくバストの形が気になるといった軽度のものまであります。

私が十数年前、心臓の手術を専門に行っていた時は、前者の心肺機能異常改善のための大がかりな手術に携わっていましたが、今では後者のバストサイズ、形といった悩みの改善に関わっています。

数年前まではコンデンスリッチファット(CRF)といった優れた脂肪もありませんでしたし、注入技術もまだ確立されていませんでした。(乳腺下に脂肪をドッサリ入れるような手術や、脂肪注入用のピストル仕様の注入器や注射器でビー玉大の脂肪をたくさん注入していた治療が主:残念ながら今でも行われていますが・・・)

よって、私自身も以前は漏斗胸なタイプ・・・底上げが無いと綺麗な胸にならないタイプ・・・にはバッグを勧めていました。

しかし、昨今ではコンデンスリッチファット(CRF)の様な優れた脂肪や注入技術の向上により、脂肪注入(コンデンスリッチ豊胸)による治療を勧めるようになってきました。

特に、一般的な皮下や乳腺下といった層だけでなく、大胸筋内や大胸筋下にも安全に注入する技術を多用する様になった後は、私の場合、バッグを挿入することがほとんど無くなってきました。

今日の手術では、数年前だったら私もバッグを挿入していただったと思われる方のバッグを抜去し、脂肪に置き換え、より自然でそして満足していただける大きさまで改善できました。

時代の変化、医療の進化、技術の進化を実感した日でした。

 

今日も手術をなさって下さった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。