マイクロCRF

今日はコンデンスリッチ豊胸、そして3Dセルリフト+マイクロCRFの手術でした。手術は問題なく終わっています。お疲れ様でした。

今日もそうでしが、最近は以前に比べ、若い方(20代や30代)の3DセルリフトやマイクロCRFの手術がとても多くなっています。

皆さんこれらの施術を、アンチエイジングの為だけとお考えの方も多いようですが、実は違います。

*3Dセルリフトは、脂肪(コンデンスリッチファット:CRF)を頬やコメカミ、額といった場所に注入し、頬の位置を高くすることで若々しく、そして可愛らしくします。また、コメカミや額のラインを丸くすることでも、可愛らしくします。顔に注入と言うと「顔が大きく見えませんか?」との質問を受けますが、上手く注入すると逆に小顔に見えます。

*マイクロCRFはコンデンスリッチファットをさらに細かくして濃縮したもので、お顔のラインの調整(鼻筋やアゴ)だけでなく、目の下のクマや皺(シワ)の改善の他、肌質・色調・肌のきめの改善などに効果があります。

若い方がこれらの施術をする理由には

①ベイザー脂肪吸引やコンデンスリッチ豊胸する際、残った脂肪を捨てるくらいなら有効活用したい

②若返りというより、お顔を立体的にして綺麗にしたい、唇をプルンとして可愛らしくなりたい

などがあげられ、そういった方が増えてきています。もちろん、お若い方がさらに若々しくという意味でも最適です。

先日もブログに書きましたが、私の専門は脂肪を減らしたり、移動させたりすることです。

減らす事に注目すれば脂肪吸引・・・体では細くだったり、ボディラインの調整(足を長く見せる、ヒップアップ、ウエストのくびれ)。顔ではフェイスラインの調整になります。

移動に注目すれば脂肪注入・・・・体では豊胸や豊尻そして他院の修正(凸凹等)、お顔では3Dセルリフトで若く可愛く、マイクロCRFでより若々しく、そして肌質まで改善させます。

そして、忘れてならないのが、一緒に余分な脂肪が減ることです。

脂肪吸引と言うと皆さんとても怖い事、大変な事といったイメージがあるかもしれませんが、私たちは毎日脂肪を扱っている事で、脂肪吸引のリスクは限りなくゼロに近付ける事ができています。ましてや、お顔に注入する分の脂肪であれば100~200ccあれば十分ですので、ほとんどの場合、全く傷ができない場所からの吸引(へそやビキニライン内)でOKです。もちろん多少は今よりラインが綺麗になります。・・・ご希望があれば多く取ります。

昔は脂肪注入というと、脂肪吸引はしなければならないし、脂肪注入用の脂肪を作るにも原始的で大変(かつあまり好ましくない脂肪)だったので、好まれない手術の一つでしたが、今では脂肪吸引はベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)でリスクも抑え仕上がりも良くして、脂肪はコンデンスリッチファット(CRF)やマイクロCRFという最高の素材が簡単に作れるため、今はとても好んで行える手術です。

あとは理想に近づける様に、いかに綺麗なデザインをして、上手に脂肪壊死やしこりといったトラブル無く注入するかがポイントとなります。

これからも、より良いデザイン、そして確実安全な注入技術の向上に努めていきたいと思います。

今日も手術をなさって下さった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。