コンデンスリッチ豊胸

今日はベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)と、バッグ(乳房インプラント)取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸でした。手術は問題無く終わっています。お疲れ様でした。

先日(7月25日)のセミナーで話題になったことをお知らせします。

①大胸筋内の注入は?

②脂肪注入とバッグ摘出は同時のほうが良いのか、別の日が良いのか?

私たちの答えはこうです。

①大胸筋内の注入は手技的な面をクリアーすれば、乳房の底上げになるし、役に立つのではないか。・・・私たちは4Dデザインの際、男性の大胸筋を厚くするために大胸筋内に脂肪を注入します。もちろんトラブルは無く、エコーでも定着しています(CTで確認、定着している論文もたくさんあります)。また我々のクリニックでは術後エコー検査で、(女性でも)術前の大胸筋の厚さと術後の大胸筋の厚さが明らかに変わっています。

②豊富な経験があれば同時手術の方が有利ではないか。・・・同時手術の場合のみ、バッグが入っていたスペースと注入した後の状態が明らかです。もちろん注意して注入する必要がありますが、例えば万が一スペース内に脂肪が流入した場合も、術中に洗浄除去できます。また、抜去のみのケースでは、場合によってはいびつな形での癒着の可能性(形の変形)、バッグ抜去から時間が経てば、せっかくバッグで伸展されていた皮膚が収縮して、再度進展しにくくなり、注入可能量の低下(つまり大きくなりにくい)といった問題がある可能性等が挙げられます。

この答えが絶対とは言い切れませんが、相当数の手術を経験した結果、また、世界で発表される医学論文で検討したうえで私たちが感じていることです。

ただ、単に大胸筋に入れればいい、手術同日だったら良いというわけでなく、十分な経験のもと行われないと間違った結果になるので、注意も必要です。

今日も手術をお受けになった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。

 

文献

  • 1)DanielA.Del Vecchio. ”SIEF"-Simultaneous Implant Exchange with Fat: A New Option in Revision Breast Tmplant Surgery. Plast.Reconstr.Surg. 2012;130:1187-2012
  • 2)大橋昌敬, 山川雅之. 加重遠心分離した自家脂肪を用いた豊胸術(コンデンスリッチ豊胸)642例の短期成績:特に注入術後のバストサイズの変化に関して.日美外会誌 2013; on press
  • 3) 浅野裕子, 吉村浩太郎. 脂肪由来幹細胞を付加した脂肪注入移植術―乳房インプラント抜去と同時脂肪移植による豊胸術. 日美外会誌 2010; 第47巻:78-83
  • 4)大橋昌敬 山川雅之, Clinical Results of Consecutive 165 Cases of SIEF = Simultaneous Implant Exchange with Centrifuged and Pressurized Autologous-Fat (Condensed Rich Fat: CRF) , at 101th Annual Meeting of Japan Society of Aesthetic Surgery,2013, June 16th