シリコンバッグ外来

今日は2回目のコンデンスリッチ豊胸、そしてバッグ取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸でした。

2回目のコンデンスリッチ豊胸の方は(皮膚が伸びにくいタイプでしたが)初回の結果に満足頂き、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)で細くなりたい、胸ももっと大きくしたいというご希望から2回目の手術をご依頼くださいました。バッグ取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸の方は、片方のバッグが破損しており、もう片方がカプセル拘縮の方した。術後は両側とも柔らかく自然な胸になっています。術後を楽しみにしていて下さい。

さて、今日はバッグの破損に関してお話しします。

バッグ(乳房インプラント)は豊胸や乳腺切除後の再建には欠かせない存在となっています。ただ、多少なりともトラブルが生じます。その中で最も多いのが、自然さ、柔らかさに関する問題(インプラント自体や術後のカプセル硬縮など)です。その次に多いのが、実際に破損しているという問題です。

破損しても基本的には自分の被膜(カプセル)内での破損ですから、身体に影響する事は少ないですが、カプセルまで破れると厄介なことになります。炎症や感染、組織浸潤による変形等です。今のバッグの素材のほとんどがコヒーシブシリコンという流れ出さない(=ジェル状のシリコンや実際の乳房に比べると多少硬い)素材でできていますが、大きな破損となると、コヒーシブシリコンでもカプセル外に露出しますし、その亀裂が自分のカプセルを刺激し、炎症や(最悪の場合)露出といった問題もごく稀ではありますが出てきます。

よって破損が疑われた場合、やはり(いくらコヒーシブシリコンでも)速やかに抜去する方が賢明です。

ただ、残念なことに、バッグを取り出すだけだと、今までバッグが入っていたスペースが一瞬にして虚脱、消失するものですから、見た目は凹んだ感じになってしまいます。

この場合、そのままですと、術後かなりのショックを受ける方がほとんどです。

以前の技術では当日に脂肪注入による再建(豊胸)という事は考えにくかったのですが、今ではコンデンスリッチファット(CRF)の様な質の良い脂肪も開発されていますし、摘出技術(エコー診断での正確な術前診断と最適な抜去)や注入技術(マルチプルインジェクション)の発達により、今では当たり前の様な手術に変わりつつあります。

私が美容外科になりたての時代は、そういった(同日の脂肪注入)技術がまだほとんど無かった(少なくとも確立されていなかった)ため、バッグ抜去後に患者様がその状態を見て、また別のバッグを入れるという辛い経験を何度もしました。

今では医学の進歩や技術の進歩、そして豊富な経験から、そういった辛い思いが少なくなっています。本当にうれしい事です。

今日も手術をお受けになった方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。

 

文献

  • 1)DanielA.Del Vecchio. ”SIEF"-Simultaneous Implant Exchange with Fat: A New Option in Revision Breast Tmplant Surgery. Plast.Reconstr.Surg. 2012;130:1187-2012
  • 2)大橋昌敬, 山川雅之. 加重遠心分離した自家脂肪を用いた豊胸術(コンデンスリッチ豊胸)642例の短期成績:特に注入術後のバストサイズの変化に関して.日美外会誌 2013; on press
  • 3)浅野裕子, 吉村浩太郎. 脂肪由来幹細胞を付加した脂肪注入移植術―乳房インプラント抜去と同時脂肪移植による豊胸術. 日美外会誌 2010; 第47巻:78-83