コンデンスリッチ豊胸

今日はコンデンスリッチ豊胸+3Dセルリフト、そしてバッグ取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸でした。手術は全く問題なく終わっています。お疲れ様でした。

コンデンスリッチ豊胸と3Dセルリフトの方は胸の皮膚が伸びにくい方でしたが、大胸筋内や大胸筋下のスペースも利用して分散注入し、綺麗なバストにしています。またお顔も頬が立体的に、頬のトップの位置も高くなり若々しくなっています。

また、バッグ取出しと同時のコンデンスリッチ豊胸の方はくびれたウエストと綺麗な脚のラインを作りつつ、位置がずれたバッグを取出し、自然で柔らかい胸にできています。仕上がりを楽しみにしていてください。

今日は皮膚の伸びが悪いタイプの方に対する脂肪注入についてお話しします。

脂肪がきちんと定着する要因を(今までもお話ししてきましたが)まとめると、

①良い脂肪を使う
(例えばコンデンスリッチファット:不純物が少なく脂肪幹細胞が多い)
②各層にまんべんなく注入する事(分散注入):良い注入
③皮膚のテンション(伸展)

に大きく左右されます。

①に関して言えば、正規のフィルターを使い正規のプロセスで抽出したコンデンスリッチファット(CRF)がとても優れています。

さて、問題は②③になります。

③は授乳後やバッグ取出しと同時の方には有利です。ただ、皮膚の伸びが悪いと言ってあきらめるわけにはいきません。

そこで私の場合、②を工夫。一般的な皮下や乳腺下だけでなく、大胸筋の中や大胸筋下のスペースも用い、できるだけ分散注入しています。つまり、少しでも同じスペース内に脂肪が過密になって壊死やしこりが起きない様、また定着率が良いように工夫して注入しているのです。

こういった工夫で、以前よりも明らかに(皮膚の伸びが悪い方でも)定着の改善が見られます。

また実際、私の場合はこれらの工夫により、以前の様な広範囲の脂肪壊死や大きなしこりは随分長い間経験していません。(きっと患者様にも恵まれてますね)

また、最近は米国でブラバという大がかりな機械を用い、2週間ほど胸に陰圧をかけ続け、腫らせた状態を作り、そのスペースに注入する方法も研究されています。(ただ、私もこのブラバは以前に使ったことがありますが、日本人には現実的ではない様です。)よって、私たち(THE CLINIC)の場合、採取脂肪(CRFやマイクロCRF)の凍結保存も利用した2回目の注入なども含め、どんな患者様に対しても、より高い満足を得てもらう様、自分たちで考え、研究し、そして世界の良い情報や方法をいち早く取り入れ(ただ単に真似するとリスクももあるのでしっかり検証して)、より正しい方法を見出していきたいと思います。

「2回目の脂肪注入」http://ameblo.jp/theclinic-ohashi/entry-11487393462.html

「冷凍保存という選択」http://ameblo.jp/theclinic-ohashi/entry-11481949482.html

 

今日も手術や処置をなさって下さった方々、そして、関わってくれたスタッフに感謝です。

 

文献

  • 1)DanielA.Del Vecchio. ”SIEF"-Simultaneous Implant Exchange with Fat: A New Option in Revision Breast Tmplant Surgery. Plast.Reconstr.Surg. 2012;130:1187-2012
  • 2)大橋昌敬, 山川雅之. 加重遠心分離した自家脂肪を用いた豊胸術(コンデンスリッチ豊胸)642例の短期成績:特に注入術後のバストサイズの変化に関して.日美外会誌 2013; on press