マイクロCRF

今日はコンデンスリッチ豊胸と同時の3Dセルリフトの手術、そして男性腰部のベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)の手術でした。

手術は問題なく終わっています。

 

コンデンスリッチファットを抽出する脂肪を(痩せていらっしゃいましたが)太腿(外への張り出しと内側)+腰から採取し、綺麗なラインにデザインしつつ、十分量を採取できました。豊胸手術では、授乳後の萎んだ感じが解消され、張りのある自然で綺麗な胸になりました。また3Dセルリフトも、頬に高さが出て若々しくなっています。

 

腰のベイザーをお受けにおなった男性は、逆三角形の綺麗な後姿に。

 

皆様、仕上がりを楽しみにしていてください。

 

今日は先日に引き続き3Dセルリフト、つまり顔への脂肪注入(コンデンスリッチファット注入)による若返りに関してです。

顔 リフトアップ 脂肪注入

顔の老化(弛み)にはたくさんの要因があります。

①皮膚の弛み、②骨格の変形、③軟部組織(脂肪)の状態(Marlar fat padなど)、④しわ、⑤シミ・・・言い出したらきりがありません。

これらの中で、私たちが劇的に変える事ができるのが

①皮膚のたるみ(垂れ)→ 切開手術や糸を挿入して引き上げる

③脂肪を含む軟部組織の減少 → 脂肪注入でボリューム改善です。

最近特に話題になっているのが、顔の立体的な凹凸を若い時の位置やボリュームに戻し若返ることです。

今まで、①に対してフェイスリフト(皮膚を切る)や糸で引っ張る → 皮膚がピンと張る → 若返る といった考えをわれわれ美容外科医がとても好んで行ってきました。が、最近③が特に注目されています。

先日、私が座長を務めさせていただいた第101回美容外科学会の顔への脂肪注入のセッションで、Berman先生は「切らなくとも若返れる」と、ハッキリ言い切っていたのが印象に残っています。

有名な形成外科医学雑誌PRS( Plast.Reconstr.Surg.)の今年4月号に掲載されているものが面白かったので紹介します。

The Science and Theory behind Facial Aging:Jodan P Farkas, Joel E Pessa, Bradlay J Rohrich et al. Plast.Reconstr.Surg. 2013 April

顔の年齢を科学して理論づけると題されて、骨格、軟部組織を含め若いという理解に対して、立体の大切さが詳しく記載されています。

最近は科学の進歩でCT.MRIで立体を科学できます。これを美容に活かし、若々しい状態を保つことができるようになりました。

嬉しいですね。

今日も手術をなさって下さった方、そして手術に関わってくれたスタッフに感謝です。

 

 

文献

  • Jodan P Farkas, Joel E Pessa, Bradlay J Rohrich et al, The Science and Theory behind Facial Aging Plast.Reconstr.Surg. 2013 April