3Dセルリフトの魅力

マイクロCRF

今日はバッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸+3Dセルリフト、そしてベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)の方でした。

手術は全く問題なく終わっています。お疲れ様でした。

バッグ抜去の方は術前からバッグが破損していましたが、全てバッグを摘出し、十分に洗浄して脂肪に置き換えています。3Dセルリフトでは、とても若々しくなっています。楽しみにしていてください。

また、ベイザーリポの方はできるだけ脂肪を取って、(術前から弛みが強かったため)引き締める様にスーパーフィッシャルリポサクションをしています。術前より引き締まった肌になると思います。

さて、今日は3Dセルリフトに関してお話ししましょう。

3Dセルリフトは脂肪(コンデンスリッチファット)を用い、若々しいお顔にする方法です。
特に有効なのは中顔面、つまり頬のたるみやゴルゴライン、法令線に有効です。
コンセプトは、以前自分が若かった頃の位置に立体を戻すことです。
顔の場合、老化によってボリュームが失われ、たるんでしまいます。この状態にボリュームを戻してあげる事で立体を作り上げます。つまり、ボリュームで顔をリフトして、若かった頃の、あの活き活きとした感じを取り戻すのです。
もちろん、ボリューム(脂肪)だけでは足りない場合、糸(イレブンリフト・特殊な吸収糸)を付け足して、支えを加える場合もあります。(スキャフォルドと言います)これを併用すると、脂肪の定着も良くなり、より長持ちします。

前回の第101回美容外科学会で、顔の脂肪注入のセッションを行ったBerman先生、そしてLee先生の発表は、まさにこの3Dセルリフトと全く同じコンセプトでした。

つまり、脂肪を上手に使って顔を自然にリフトし、若かった頃の状態に戻すというものです。

もちろん、これにマイクロCRF(脂肪幹細胞、成長因子などを豊富に含み、粒子が細かく、針で注入でき、肌質の改善なども行う)を目の下、唇などに注入して、より若々しい自分が取り戻せるようになりました。

今は色んな方法で、より自然に若返り・・・以前の状態に戻す事ができるようになってきました。
良い時代になってきましたね。

今日も手術なさって頂いた方、そして手術に携わってくれたスタッフに感謝です。